「コレクション展示 中村屋サロン」中村屋サロン美術館

中村彝《小女》1914 年

名称:「コレクション展示 中村屋サロン」中村屋サロン美術館
会期:2021年12月15日(水)〜2022年2月13日(日)
会場:中村屋サロン美術館
時間:10:30〜18:00 (最終入場時間 17:40)
休館日:火曜日 
  ※2021年12月28日(火)~2022年1月4日(火)
  ※火曜が祝日の場合は開館、翌日休館
観覧料:300円
  ※高校生以下無料(高校生は学生証を要提示)
  ※障がい者手帳提示の方および同伴者1名は無料
住所:〒160-0022東京都新宿区新宿3-26-13 新宿中村屋ビル3F
TEL:03-5362-7508
URL:中村屋サロン美術館

中村彝《牛乳瓶のある静物》1912年頃
中村彝《牛乳瓶のある静物》1912年頃

明治末から大正、昭和初期にかけて、新宿中村屋に多くの芸術家・文化人たちが集いました。
「コレクション展示 中村屋サロン」では、新宿中村屋にゆかりのある芸術家たちの作品を中心に、所蔵作品を紹介しています。
◆ 展示室1
中村屋は2021年12月30日、創業120周年を迎えます。その軌跡について、創業者 相馬愛蔵・黒光夫妻を中心に、明治から昭和にかけて中村屋で生まれた食や芸術、また当時の人間模様(関係性)等を紹介します。
◆ 展示室2
中村屋に出入りしていた彫刻家 荻原守衛(碌山)や中村屋裏のアトリエで創作活動を行っていた画家の中村彝、柳敬助などの作品を紹介します。 また、碌山とアメリカ留学時代に知り合った親友 高村光太郎の作品も展示します。
◆ 新収蔵作品
留学先のパリで親友となった彫刻家 荻原守衛(碌山)らと「中村屋サロン」を形成するとともに、大正期には岸田劉生、高村光太郎らと反アカデミズムのフュウザン会を結成し日本洋画界に衝撃を与えた斎藤与里。与里独特の表現に行きつく前の、素直な筆触と美しい色彩が魅力的な新収蔵作品《花》を展示します。

荻原守衛追悼会での相馬一家と中村屋サロンの若き芸術家たち
荻原守衛追悼会での相馬一家と中村屋サロンの若き芸術家たち
高村光太郎 《自画像》 1913年
高村光太郎 《自画像》 1913年
《女》の制作に取組む 荻原守衛(碌山)
《女》の制作に取組む 荻原守衛(碌山)
インド独立運動の志士 ラス・ビハリ・ボース 
インド独立運動の志士 ラス・ビハリ・ボース 
中村彝《麦藁帽子の自画像》1911年
中村彝《麦藁帽子の自画像》1911年
荻原守衛《女》1978年鋳造
荻原守衛《女》1978年鋳造
荻原守衛《抗夫》1954年鋳造
荻原守衛《抗夫》1954年鋳造
荻原守衛《香炉》1909年頃
荻原守衛《香炉》1909年頃
荻原守衛《灰皿》1927年頃鋳造
荻原守衛《灰皿》1927年頃鋳造

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る