「小袖の美 武家女性の装い(松井文庫)」八代市立博物館未来の森ミュージアム

「小袖の美 武家女性の装い(松井文庫)」

名称:「小袖の美 武家女性の装い(松井文庫)」八代市立博物館未来の森ミュージアム
会期:2022年1月18日(火)~3月6日(日)
住所:〒866-0863熊本県八代市西松江城町12-35
TEL:0965-34-5555
URL:八代市立博物館未来の森ミュージアム

「第20回やつしろのお雛祭り」(令和4年2月12日~3月6日)の開催にあわせ、八代城主松井家の女性たちが着用した小袖(こそで)や打掛(うちかけ)を展示します。 小袖は現代のキモノの原形です。武家の女性たちは、古典文学を連想させる文様のキモノが大好きでした。それらは、総模様や御所解文様などと呼ばれ、美しい自然の風景や草花が、細やかな刺繍や染めで表されています。
 我が国の染織文化の豊かさを見ることができる美しい小袖の数々をお楽しみください

参考図書 平成16年度秋季特別展覧会「武家の婚礼―八代・松井家のお嫁入り」図録
 松井家の婚礼にスポットをあてた展覧会図録。婚礼調度、女性の身辺を飾った絵画や衣裳、雛人形など、繊細優美な工芸品を115件500点余を収録。A4版・136頁・500円(送料360円)
展覧会図録のお求めはこちらをごらんください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る