特別展「芭蕉布-人間国宝・平良敏子と喜如嘉の手仕事-」大倉集古館

特別展「芭蕉布-人間国宝・平良敏子と喜如嘉の手仕事-」大倉集古館

名称:特別展「芭蕉布-人間国宝・平良敏子と喜如嘉の手仕事-」大倉集古館
会期:2022年6月7日(火)~7月31日(日)
住所:〒105-0001東京都港区虎ノ門2-10-3
TEL:03-5575-5711
URL:大倉集古館

芭蕉布とは亜熱帯を中心に分布する植物・芭蕉からとれる天然繊維を原料とした、沖縄を代表する織物です。第二次世界大戦後に消滅しかけた伝統技法を復興させ、現在へ繋いだ女性こそが平良敏子です。その功績により、2000年には重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。
本展では沖縄本土復帰50周年に寄せ、きとかさ(喜如嘉【きじょか】)に工房を設け、芭蕉布と共に生きた平良敏子の情熱と仕事をご紹介いたします。民藝運動の主唱者・ 柳宗悦に「いつ見てもこの布ばかりは本物です」と言わしめた手織物の数々をご覧下さい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る