「ちょっとむかしのくらし展~三方五湖の漁業編~」福井県立若狭歴史博物館

たたき網漁の様子

名称:「ちょっとむかしのくらし展~三方五湖の漁業編~」福井県立若狭歴史博物館
会期:2021年12月18日(土) ~ 2022年3月13日(日)
展示場所:企画展示室
料金:常設展示入館料でご覧いただけます
  (常設展示入館料のご案内)
開館時間:9時~17時(最終入館:16時30分)
  ※会期中の休館日:12月27日(月)~1月2日(土)
         1月~3月の第2・第4月曜日(祝日の場合は翌日)
主催:若狭歴史博物館 共催:福井県里山里海湖研究所
協力:鳥浜漁業組合・cafe縞・(公社)福井県観光連盟・御食国若狭おばま食文化館(順不同)
住所:〒917-0241福井県小浜市遠敷2-104
TEL:0770-56-0525
URL:福井県立若狭歴史博物館

 本展示は若狭地域のむかしのくらしの道具を展示し、ちょっとむかしのくらしについて紹介するものです。
 今年度は漁業、特に三方五湖で現在まで続いている漁の様子について紹介します。三方五湖は淡水、海水、汽水と湖ごとに塩分濃度が異なるため、住む魚に違いがあり、また水深にも差があり、それぞれに対応した漁法が伝えられています。今では行われなくなってしまった漁法、漁具も紹介し、三方五湖の資源利用を紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る