「海を望む大型古墳群・高蔵古墳群」しだみ古墳群ミュージアム

「海を望む大型古墳群・高蔵古墳群」しだみ古墳群ミュージアム

名称:「海を望む大型古墳群・高蔵古墳群」しだみ古墳群ミュージアム
会期:2021年12月21日(火) ~ 2022年3月13日(日)
休館日:毎週月曜日(祝休日の場合は翌平日)
  12/29~1/3
  ※ 古墳・緑地部分は常時お入りいただけます。
時間:9:00~17:00(展示室への最終入室16:30)
開催場所:体感! しだみ古墳群ミュージアム展示室
料金:200円(中学生以下無料)
住所:〒463-0001 名古屋市守山区大字上志段味字前山1367
TEL:052-739-0520
URL:しだみ古墳群ミュージアム

歴史の里しだみ古墳群 体感!しだみ古墳群ミュージアム ・SHIDAMU
名古屋市内には、約200基の古墳が築造され、その内の3分の1、66基の古墳が守山区上志段味(かみしだみ)で確認されており、7基が「志段味古墳群」として国の史跡に指定されています。
「志段味古墳群」は、東西1.7km、南北1km の狭い範囲に古墳時代前期から終末期にわたり古墳が造られ続け、全国でもとても珍しい古墳群です。その古墳群を保存活用するために整備されたのが「歴史の里しだみ古墳群」です。
「歴史の里しだみ古墳群」は、形や大きさ、造られた時期の違いなど様々な特徴をもった古墳を実際に歩いて周ることができる「リアル古墳図鑑」とも言えます。
2019年4月1日に「歴史の里しだみ古墳群」内にオープンした古墳を巡る拠点「体感!しだみ古墳群ミュージアム」(愛称:SHIDAMU(しだみゅー))は、しだみ古墳群から出土した副葬品や埴輪の展示や、古代衣装体験、勾玉づくりや火おこしなどの古代体験から古墳時代を「体感」する体験型施設です。ガイドと一緒にホンモノの古墳を見に行ったり、スマートフォン・タブレット端末用アプリ「Go!Go!しだみ古墳群」をインストールして、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)を用いて再現した古墳時代に飛び出しましょう。館内には展示室・体験活動室のほか、小さなお子様が「古墳」に親しめるキッズスペース「こどもこふん」のほか、カフェレストランも併設しています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る