「産学連携によるアート・デザインを活用した価値創造プロジェクト 第3期 試作品展示」京都工芸繊維大学美術工芸資料館

「産学連携によるアート・デザインを活用した価値創造プロジェクト 第3期 試作品展示」京都工芸繊維大学美術工芸資料館

名称:「産学連携によるアート・デザインを活用した価値創造プロジェクト 第3期 試作品展示」京都工芸繊維大学美術工芸資料館
会期:2022年1月11日(火)から1月28日(金)
休館日:日曜日・祝日・1月15日(土)
開館時間:10-17時(入館は16時30分まで)
入館料:無料
主催:京都工芸繊維大学美術工芸資料館
協力:東洋アルミニウム株式会社、京都・大学ミュージアム連携
住所:〒606-8585京都府京都市左京区松ヶ崎橋上町
TEL:075-724-7924
URL:京都工芸繊維大学 美術工芸資料館

アート・デザインを専攻する大学生・大学院生が一般企業との連携によりアート・デザイン作品を制作することを通して、みずからの制作と社会とのかかわりを体験し、それにより社会性のあるアーティスト、デザイナーを養成することを目的としたプログラムの展覧会。今年度で3期目となります。
今年度は、一昨年、昨年に引き続き東洋アルミニウム株式会社にご協力をいただき、京都工芸繊維大学デザイン専攻に所属する10名の大学院生がアルミ素材を使って美術工芸資料館の収蔵資料を題材としたミュージアムグッズの試作品づくりに挑戦しました。一昨年度は、アルミ素材を用いた屏風創作というアート的な要素の強い活動でありましたが、昨年度より販売を想定したグッズのデザインという、より社会とのかかわりの強い活動となりました。
さらに、今年度は「グラフィック」「テキスタイル」「プロダクト」の3グループにわかれて、ミュージアムグッズのもつ教育的効果をふまえつつ、原価計算やターゲット層の設定などマーケティングも意識して、実践的な試みとしました。
なにより、コロナ禍において実際に学生が手を動かして制作活動をおこなう貴重な機会となりました。ご協力をいただきました東洋アルミニウム株式会社様に厚く御礼申し上げます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る