第84回企画展「姫川明原画展‐マンガ「ゼルダの伝説」をふりかえる‐」石ノ森萬画館

第84回企画展「姫川明原画展‐マンガ「ゼルダの伝説」をふりかえる‐」石ノ森萬画館

名称:第84回企画展「姫川明原画展‐マンガ「ゼルダの伝説」をふりかえる‐」石ノ森萬画館
会期:2022年1月22日(土)~2022年4月10日(日)
時間:9:00~17:00(3月からは18:00まで) ※入場は閉館時刻の30分前まで
会場:石ノ森萬画館 2階企画展示室
休館日:毎週火曜日 ※3月~は第3火曜日(1月25日、2月1日、8日、15日、22日、3月15日)
観覧料:大人840円/中高生520円/小学生210円/未就学児無料(常設展観覧料含む)
主催:石ノ森萬画館
協力:任天堂株式会社、株式会社小学館、Himekawa Art Production株式会社、株式会社石森プロ、京都国際マンガミュージアム
住所:〒986-0823 宮城県石巻市中瀬2-7
TEL:0225-96-5055
URL:石ノ森萬画館

マンガ「ゼルダの伝説 時のオカリナ」が1999年6月に小学館の学年誌で連載をスタートしてから現在に至るまで、任天堂のゲームソフト「ゼルダの伝説」シリーズのコミカライズ作品を描き続けているマンガ家・姫川明のマンガ原画やカラーイラストなど約200点の作品を展示します。本原画展は、2021年9月に京都国際マンガミュージアムで初開催し、石巻会場で2度目の開催となります。
ゲームの中の臨場感を彷彿とさせる表現や、ストーリーとキャラクターは、多くのファンの心をわしづかみにしてきました。作品中の登場人物や怪物、動物の生命力あふれる表現もお楽しみください。

プロフィール 
姫川 明(ひめかわ あきら)
本田Aと長野Sによる2人組のマンガ家。1987年よりユニットを組んでマンガを描き始め1991年少年サンデーの「コミックグランプリ」準グランプリ受賞にてデビュー。その後、それぞれの持ち味を融合させながら仕事ごとにローテーションを組み仕事を続ける。空気感を伴う世界観とそこに生きる人や動物や自然の「生命力」を描き出すことを得意とする。2010年には「ゼルダの伝説 時のオカリナ」でドイツ/ソンダーマン読者賞/国際マンガ部門ベスト漫画賞を受賞している。2015年より、これまでの流れの仕事を姫川明として、より個性的なオリジナル作品は姫川明輝としてペンネームを使い分ける。代表作に「ゼルダの伝説シリーズ」「Gold Ring」「Gliding REKI」「シートン動物紀」「日本の歴史」など。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る