企画展「くらしのうつりかわり展 海辺の生活」明石市立文化博物館

企画展「くらしのうつりかわり展 海辺の生活」明石市立文化博物館

名称:企画展「くらしのうつりかわり展 海辺の生活」明石市立文化博物館
会期:2022年1月30日~2022年3月21日
観覧料:大人 :200円 大学・高校生 : 150円 中学生以下 : 無料
  ※20名以上の団体は2割引
  ※65歳以上の方、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の提示の方(スマートフォンアプリによる提示も含む、介護が必要な場合は介護者も)は半額  ※シニアいきいきパスポート提示で無料
開催場所:明石市立文化博物館 1階特別展示室
休館日:月曜日休館 
開館時間:9時30分~18時30分(入館は18時まで)
主催:明石市立文化博物館、
後援:兵庫県、明石市教育委員会、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、公益財団法人明石文化国際創生財団、一般財団法人兵庫県学校厚生会、神戸新聞社、NHK神戸放送局、サンテレビジョン、ラジオ関西、明石ケーブルテレビ
協力:兵庫県立図書館
住所:〒673-0846兵庫県明石市上ノ丸2-13-1
TEL:078-918-5400
URL:明石市立文化博物館

企画展「くらしのうつりかわり展 海辺の生活」明石市立文化博物館
企画展「くらしのうつりかわり展 海辺の生活」明石市立文化博物館

今では大きく様変わりした昭和時代のくらしの様子を、当時の道具や写真などで振り返ります。昔の道具や遊びの体験もでき、知る世代にはなつかしい、知らない世代はわくわくする、昭和レトロが学べる展覧会です。
 豊富な資源に恵まれた瀬戸内海に面している明石では、昔から漁業が盛んに行われてきました。本展では、昭和時代を中心に子供の目線から見た、漁師の家の生活を紹介します。漁師と、それを支える家族の様子、漁や家事を手伝う子ども自身の様子、そして魚を売る商店街の様子など、海辺ならではの生活がそこにはあります。時代とともに変化していく海辺の生活の様子を感じていただけたら幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る