「森重陽子 作品展」名古屋栄三越

「Because...」 41.0×31.8㎝

名称:「森重陽子 作品展」名古屋栄三越
会期:2022年1月26日(水) ~ 2022年2月1日(火)
場所:名古屋栄三越 1階 ARTE CASA
住所:〒460-8669 名古屋市中区栄3-5-1
TEL: 052-252-1111
URL: 名古屋栄三越

「I'm here.」  41.0×31.8㎝
「I’m here.」 41.0×31.8㎝

森重陽子 作品展
名古屋栄三越 1階〈ARTE CASA〉では、Yoko Morishige氏の個展を開催いたします。
Yoko Morishige氏は、幼いころから続けてきた書道の道をさらに究めるべく、書の経験を用いて現代アートの世界に挑戦します。
その挑戦のひとつが、ぬいぐるみMokoとの作品共同制作です。
ぬいぐるみMokoが私たちに作品を通して語り掛けるのは、私たちが大きくなるにつれて失いかけた心の中の小さな存在との対話かもしれません。
アートが、みなさまの心の中の小さな存在と対話するきっかけになれたら、平和な世界は少しずつ近づいてくるでしょう。

「Why?Why?Why?」  53.0×45.5㎝
「Why?Why?Why?」 53.0×45.5㎝

<Yoko Morishige + Moko プロフィール>
大阪府枚方市生まれ 奈良県在住
5歳より習字教室に通う。18歳より25年間書壇に在籍、展覧会活動を行いその後フリーに。
2002年 全国公募「その後の桃太郎絵本コンテスト」に絵巻物を出展し、グランプリ受賞。これを機に独自の言葉と画を調和させた作品の創作を始める。
森重書道教室、楽しみの書画教室主宰。
百貨店を中心に、書と書画の個展を開催。
2017~19年大丸百貨店 心斎橋店北館 美術画廊 個展
2018年より現代アート書道の運動に参加
2018年 ART SHODO TOKYO AUTAM参加/ 2019年 ART SHODO AWARD 次点
2019~20年 ART SHODO FESTA/ NEXT OSAKA SHODO SHOW参加
2019~21年 スミワングランプリ参加 MVP6回 渡部大語賞受賞
2021年1月TOKYO SHODO SHOW関戸公民館ギャラリー
2月 JAPAN SHODO FUTURE 横浜
3月 TOKYO SHODO SHOW京都王藝美術館/
4月 TOKYO SHODO SHOW渋谷ヒカリエ
6月 ART SHODO FESTA 三鷹市芸術文化センター
10月 OSAKA SHODO SHOW シーサイドスタジオCASO
11月 SHODO NEW AGE 京都
11月 ART SHODO FESTA 福岡
2021年自らの分身であるぬいぐるみMokoとの共同創作を決意。
ぬいぐるみの目線から現代社会における問題を投げかけている。

「HELP ME!」  41.0×31.8㎝
「HELP ME!」 41.0×31.8㎝
「Please notice me.」  41.0×31.8㎝
「Please notice me.」 41.0×31.8㎝
「Because...」 41.0×31.8㎝
「Because...」 41.0×31.8㎝

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る