フォト寺子屋「一の会」 第9回写真展「しあわせの風景」FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)

フォト寺子屋「一の会」 第9回写真展「しあわせの風景」FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)

名称:フォト寺子屋「一の会」 第9回写真展「しあわせの風景」FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)
会期:2022年3月4日(金)~3月10日(木)
開館時間:10:00-19:00(最終日は16:00まで、入館は終了10分前まで) 会期中無休
会場:FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)内、富士フイルムフォトサロン 東京 スペース1
入館料:無料
  ※ 企業メセナとして実施しており、より多くの方に楽しんでいただくために入館無料にしております。
作品点数:全紙サイズ、カラー、71点(予定)
住所:〒107-0052東京都港区赤坂9-7-3(東京ミッドタウン、FUJIFILM SQUARE内)
TEL:03-6271-3350
URL:FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)

写真展について
ヤエヤマボタルの神秘的な輝きやフロストフラワー、ジュエリーアイス、アイスバブルなど、貴重な作品が盛りだくさんです。全国各地、四季折々の自然風景や花、生命力溢れる被写体など、会員が“しあわせ”を感じた光景を豊かな感性で描いています。
会員はみな“一写入魂”の姿勢を大切にしています。そのため、作品はすべて「ノートリミング」「一発撮り」で発表しています。一人ひとりの感動が宿った作品群をご高覧ください。

プロフィール
フォト寺子屋「一の会」は、自然写真家・鈴木一雄が主宰している私塾です。1990年に設立され、全国から50名ほどの会員が集い、豊かな写真人生を目指して熱心に取り組んでいます。“自分史つづりを目指す”“技術と共に心の豊かさも大切にする”“競争ではなく共走”などを基本理念としています。主に自然風景を被写体とし、自分自身が幸せを感じる日本の四季折々の光景を、それぞれの個性を生かしながらのびのびと描き続けています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る