「千田泰広 ― 視野の外は何色か?」ギャラリーA4

「千田泰広 ― 視野の外は何色か?」

名称:「千田泰広 ― 視野の外は何色か?」ギャラリーA4
会期:2022年3月3日(木)~ 2022年5月26日(木)
場所:GALLERY A4(ギャラリー エー クワッド)
開館時間:平日10時~18時(土曜・最終日は17時まで)
休館日:日・祝、4月29日(金)、5月1日(日)~5月5日(木)
住所:〒136-0075東京都江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1F
TEL:03-6660-6011
URL:ギャラリーA4

千田氏は、登山やアイスクライミング、ケイビングなどの経験を素地にもち、「空間の知覚」と「体性感覚の変容」を主題としてインスタレーション作品を制作しています。光を素材とし、既存の場をいかしながら、綿密な計算式を漆黒の世界に浮かぶ光の線に替え、空間に内在する知覚の世界へといざない、自らの身体の内側にある情感との対話を導きます。
千田氏の作品は、世界各地で高く評価され、各国の美術館や芸術祭などでの展示のほか、舞台美術、レクチャー、ワークショップなどにも精力的に取り組み、近年ではオラファー・エリアソン、ジェームズ・タレルらと並んで「世界の優れた 9 人のライトアーティスト」の一人として紹介され、注目されています。
「何もない、自然のような現象として体感してもらえたら」と千田氏は言います。千田氏による、
無であり、また無限でもある世界を体験していただければと思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る