特別展「オールドノリタケ×若林コレクション アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン」兵庫陶芸美術館

特別展「オールドノリタケ×若林コレクション アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン」兵庫陶芸美術館

名称:特別展「オールドノリタケ×若林コレクション アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン」兵庫陶芸美術館
開催期間:2022年3月19日(土)~5月29日(日)
休館日:月曜日
  ただし、3月21日(月・祝)は開館し、3月22日(火)は休館
開館時間:10:00~18:00
  ※入館は閉館の30分前まで
出品点数:約250件
会場:兵庫陶芸美術館 展示棟 展示室1、2、4、5
料金:一般1,200円、大学生900円、高校生以下無料
  ※70歳以上の方は半額
  ※障害のある方は75%割引、その介助者1名は無料
  ※17時以降に観覧される場合は夜間料金(一般600円、大学生450円)
住所:〒669-2135兵庫県篠山市今田町上立杭4
TEL:079-597-3961
URL:兵庫陶芸美術館

色絵金盛薔薇文飾壺 1891~1921年頃 若林コレクション
色絵金盛薔薇文飾壺 1891~1921年頃 若林コレクション

 オールドノリタケとは、株式会社ノリタケカンパニーリミテドのルーツ、森村組および日本陶器によって、明治中期から第二次世界大戦期にかけて製作・販売・輸出された陶磁器を指します。
 19世紀後半、欧米では万国博覧会が各地で催され、日本など異国への関心が高まります。明治政府は機に乗じ、殖産興業政策の一環として陶磁器の生産を強化し、各国に紹介します。この時代に創業した森村組と後に森村組が設立した日本陶器は、アメリカの販売拠点であるモリムラブラザーズと協働し、欧米のニーズをいち早く取り入れ、多様な陶磁器を生み出しました。
 本展覧会では、欧米に学びながらも独創的な表現を拓いたオールドノリタケの陶磁器やデザイン画など約250件を紹介します。日本屈指のオールドノリタケコレクションである若林コレクションから、多種多彩な意匠、技法、器種の数々をお楽しみください。

色絵食器揃(フランク・ロイド・ライトデザイン) 1923-40年頃 若林コレクション
色絵食器揃(フランク・ロイド・ライトデザイン) 1923-40年頃 若林コレクション
色絵金彩ビーディング芥子文皿 1911-21年頃 若林コレクション
色絵金彩ビーディング芥子文皿 1911-21年頃 若林コレクション
色絵盛上カワセミ付小物入 1911-21年頃 若林コレクション
色絵盛上カワセミ付小物入 1911-21年頃 若林コレクション
色絵金盛ジュール婦人文花瓶 1891-1921年頃 若林コレクション
色絵金盛ジュール婦人文花瓶 1891-1921年頃 若林コレクション
色絵金彩婦人文蓋物 1920-31年頃 若林コレクション
色絵金彩婦人文蓋物 1920-31年頃 若林コレクション
コバルト金彩ティーセット 1908年以降
コバルト金彩ティーセット 1908年以降
白盛花唐草文瓜型花瓶 制作年不詳
白盛花唐草文瓜型花瓶 制作年不詳
色絵金盛アイリス文水注 1891-1921年頃
色絵金盛アイリス文水注 1891-1921年頃

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る