「ワニがまわる タムラサトル」国立新美術館

タムラサトル 《スピンクロコダイル・ガーデン》 1994–2019年 撮影:金田幸三

名称:「ワニがまわる タムラサトル」国立新美術館
開催期間:2022年6月15日(水)~7月18日(月・祝)
休館日:毎週火曜日
開館時間:10:00~18:00 ※毎週金・土曜日は20:00まで
  ※入場は閉館の30分前まで
会場:国立新美術館 企画展示室1E
主催:国立新美術館
展示協力:MAKI Gallery、TEZUKAYAMA GALLERY、日本大学芸術学部、宇都宮メディア・アーツ専門学校
観覧料:無料
住所:〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル
URL:国立新美術館

タムラサトル 《スピンクロコダイル・ガーデン》 1994–2019年 撮影:金田幸三
タムラサトル 《スピンクロコダイル・ガーデン》 1994–2019年 撮影:金田幸三

開館15周年という記念の年に、現代美術家・タムラサトルの個展を開催します。代表作「まわるワニ」のカラフルな彫刻を、14メートルにも及ぶ巨大なワニを中心に、大型インスタレーション作品として展開します。ユーモアに満ちたタムラの作品は、既成の価値観を揺さぶり、「アートとは何か」という問いについて考えさせてくれます。また、作家の自由で豊かな想像力に触れることで、アートを身近に感じ、子どもから大人まで楽しんでいただける展覧会です

タムラサトル(現代美術家)
タムラサトル(現代美術家)

作家プロフィール
タムラサトル(現代美術家)
1972年 栃木県生まれ。1995年 筑波大学 芸術専門学群 総合造形卒業。「まわるワニ」、「後退するクマ」、「登山する山」、「バタバタ音を立てる布」、「端数がない重量の彫刻」、「大袈裟で開放的なスイッチ」、「動き続ける図形もしくは文字」、「10回たたく装置」、「空間を最大限に使用しただけインスタレーション」などを制作・発表している。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る