第58回企画展「トイレの紙さま ~おしりふきふき いまむかし~」富士山かぐや姫ミュージアム

「トイレの紙さま ~おしりふきふき いまむかし~」富士山かぐや姫ミュージアム

名称:第58回企画展「トイレの紙さま ~おしりふきふき いまむかし~」富士山かぐや姫ミュージアム
会期:2022年03月19日(土)-2022年06月12日(日)
開館時間:3月まで 9:00~16:30
     4月から 9:00~17:00
観覧料:無料
休館日:月曜日(祝休日は開館)、3月22日(火)、5月6日(金)
会場:富士山かぐや姫ミュージアム 特別展示室⑤
住所:〒417-0061静岡県富士市伝法66-2
TEL:0545-21-3380
URL:富士山かぐや姫ミュージアム

もちろんトイレットペーパーですよね!え、ちり紙も捨てがたい?それとも・・・?
富士市は全国でもトップクラスのトイレットペーパー生産地です。
コロナ禍でトイレットペーパーの買いだめ問題が起きたときは、市内製紙会社がSNSでたくさんの在庫があることを発信して話題になりましたね。改めて「紙のまち・富士市」が注目されました。
そこでこの展示会では、市内のトイレットペーパー生産について紹介し、市内におけるトイレ紙生産の歴史を紐解いていきます。
特に、昭和期に家庭の副業的に行われたトイレットペーパーの巻き取り加工業にも着目し、かつての特徴的な生産形態についても触れます。
また、トイレットペーパーやちり紙以前のお尻をふく方法について、現代では想像もつかないようなその民俗と変遷を紹介します。
この展示会を通して、普段何気なく使っているトイレットペーパーから、社会環境や現代の「豊かさ」について、改めて考える機会となれば幸いです。
ぜひ展示会にお越しください!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る