「暮らしの気配 向井潤吉が描いた民家と生活」世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館

「暮らしの気配 向井潤吉が描いた民家と生活」世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館

名称:「暮らしの気配 向井潤吉が描いた民家と生活」世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館
会期:2022年4月1日(金)〜2022年9月11日(日)
会場:世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館
時間:10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日:月曜日 7月19日(火)
   ※ただし7月18日(月・祝)は開館
観覧料:一般 200円(160円)
   大高生 150円(120円)
   65歳以上・中小生 100円(80円) 
   ※( )内は20名以上の団体料金
   ※障害者の方は100円(80円)、ただし小・中・大学生の障害者は無料。介助者(当該障害者1名につき1名)は無料。証明書を要提示
   ※小・中学生は土・日・祝・休日、夏休み期間は無料
住所:〒154-0016東京都世田谷区弦巻2-5-1
TEL:03-5450-9581
URL:世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館

《宿雪の峡》 [長野県下水内郡栄村秋山郷]1983年     ※[ ]内の地名の表記は、制作時の記録等に基づきます。
《宿雪の峡》 [長野県下水内郡栄村秋山郷]1983年 ※[ ]内の地名の表記は、制作時の記録等に基づきます。

戦後40年にわたり、日本各地の草屋根民家のある風景を描き続けた洋画家・向井潤吉(1901-1995)。向井の作品は、失われゆく民家とそれを取り巻く周囲の自然環境を主題とし、そこに人物が大きく描かれることはほとんどありませんでした。
しかし、一つひとつの作品を注意深く見ていくと、軒先の洗濯物や、作業に勤しむ人々の姿などが点景として描き入れられていることに気づきます。こうしたモチーフは絵画上のさりげないアクセントとなり、また、画面全体に穏やかな日々の営みのリズムをもたらし、描かれた民家がより生彩を帯びて感じられます。
本展では向井潤吉が画面に込めた暮らしの気配にフォーカスし、油彩、水彩あわせて約30点の作品を紹介します。それぞれの風土に根ざした、人々の生活の息遣いを感じ取っていただければ幸いです。

「暮らしの気配 向井潤吉が描いた民家と生活」世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館
「暮らしの気配 向井潤吉が描いた民家と生活」世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る