沖縄復帰50周年記念特別展「公文書でたどる沖縄の日本復帰」国立公文書館

沖縄復帰50周年記念特別展「公文書でたどる沖縄の日本復帰」国立公文書館

名称:沖縄復帰50周年記念特別展「公文書でたどる沖縄の日本復帰」国立公文書館
会期:2022年4月23日(土)〜6月19日(日)
開館時間:月~日曜日 午前9時15分〜午後5時00分
料金:無料
休館日:期間中無休
住所:〒102-0091東京都千代田区北の丸公園3-2
TEL:03-3214-0621
URL:国立公文書館

沖縄復帰50周年記念特別展「公文書でたどる沖縄の日本復帰」国立公文書館
沖縄復帰50周年記念特別展「公文書でたどる沖縄の日本復帰」国立公文書館

 令和4年(2022)は、昭和47年(1972)に沖縄が日本に復帰して50周年を迎えます。これを記念して、戦後の沖縄の歩みと日本政府の沖縄に関する政策を、国立公文書館所蔵資料から描く特別展を開催します。
 国立公文書館は国の行政機関から移管された歴史公文書等を所蔵しており、その中には、戦後アメリカの統治下におかれた沖縄の援助、復帰に向けた法制度の整備、復帰後の振興開発政策等の日本政府の沖縄に関する政策を示す資料が含まれています。 また、復帰を実現した佐藤榮作首相の資料の寄贈を受けています。これらの資料から、沖縄がどのように日本への復帰を果たしたか、また、復帰後の沖縄の歩みがどのようなものだったのかをご紹介します。

佐藤榮作日記
佐藤榮作日記
昭和40年(1965)8月、佐藤榮作は戦後の首相として初めて沖縄を訪問しました。この訪問で、「沖縄の祖国復帰が実現しない限り、わが国にとって戦後が終わっていない」と復帰実現への意欲を示しました。 画像は、昭和40年8月19日付の佐藤の日記です。
琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定
琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定
昭和44年(1969)11月の日米首脳会談で1972年中の沖縄の施政権返還について原則的合意が成立し、この合意に基づく日米交渉が行われました。 その結果、昭和46年6月に琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定が調印され、昭和47年5月15日にこの協定が発効することで沖縄の日本復帰が実現しました。 画像は、同協定の公布原本です。
沖縄国際海洋博覧会
沖縄国際海洋博覧会
復帰記念3大事業の1つである沖縄国際海洋博覧会は、昭和50年(1975)7月から昭和51年1月にかけて開催されました。会場内には試験的な交通システムであるKRT(※)が導入されました。画像は、KRTの工事や運行の認可書類に添付されているKRTの写真です。
(※) Kobe Rapid Transit

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る