「立川市 + たましん美術館 – ひと、まち、アート – 」たましん美術館

「立川市 + たましん美術館 - ひと、まち、アート - 」たましん美術館

名称:「立川市 + たましん美術館 – ひと、まち、アート – 」たましん美術館
会期:2022年4月9日(土)~2022年7月24日(日)
開館時間:10:00 〜 18:00
休館日:月曜 月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館
入場料:一般 500円、大学生・高校生 300円、中学生以下 無料
会場:たましん美術館
住所:〒190-8681東京都立川市緑町3-4 多摩信用金庫本店1F
TEL:042-526-7788
URL:たましん美術館

本展は、たましん美術館が立川市と共催する初めての展覧会となります。
立川市が所蔵する美術作品と、たましんコレクションの美術作品を織り交ぜてみた時に、見えてきたのは、二つのコレクションの共通性です。
このコレクションの重なりは、立川市とたましんの歩みの重なりを意味します。「まち全体が美術館」構想のもとに街づくりを進めてきた立川市と、その立川市で「たましんギャラリー」を45年間にわたり運営してきたたましんは、それぞれに多摩に根ざして創作活動を続ける作家の支援を続けてきたのです。
今や立川は、ファーレ立川アートをはじめとするパブリックアートが、まち中に無数に点在する「アートなまち」として注目を集めています。そのファーレの中心に誕生した美術館として、本展では展示作品の魅力とともに、もう一度、まちに飛び出してアートを散策する喜びを発信いたします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る