「コレクション展Ⅰ – Colors! / えほんのひとびと – 」新潟市美術館

「コレクション展Ⅰ - Colors! / えほんのひとびと - 」

名称:「コレクション展Ⅰ – Colors! / えほんのひとびと – 」新潟市美術館
会期:2022年4月22日(金)~2022年7月10日(日)
  4月25日・5月2日は開館、5月24日から5月29日・6月28日から7月1日は休館
開館時間:9:30 〜 17:00
休館日:月曜
  月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、展示替期間・年末年始休館
入場料:一般 200円、大学生・高校生 150円、中学生・小学生 100円、障害者手帳提示と付き添い1名 無料、土曜日・日曜日・祝日は中学生・小学生 無料
会場:新潟市美術館
住所:〒951-8556新潟県新潟市中央区西大畑町5191-9
TEL:025-223-1622
URL:新潟市美術館

明るい陽光に風景が色を取り戻す季節に合わせ、大展示室は「色彩」を切り口とした作品が並びます。モザイクのように色彩をちりばめて表現したパウル・クレー(展示は5/22まで)。虹色の画家として知られる靉嘔。自らの生まれた土地、出会った土地の色を昇華し、生涯構成的に用いた山口長男。画家たちの色をめぐるエピソードにもご注目ください。
もう一つのテーマは、同時開催の企画展「宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022」に関連し、絵本を手掛けた美術家たちの作品を特集します。佐藤忠良、元永定正、田島征三らをはじめ、 新潟で幼少期を過ごした三芳悌吉の油彩作品も展示、「こどものとも」に参加した作家たちの、絵本とは一味違う表現をご紹介します。

アーティスト
パウル・クレー、靉嘔、佐藤忠良、元永定正、田島征三、三芳悌吉 他

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る