「美少女戦士セーラームーン ミュージアム」六本木ミュージアム

「美少女戦士セーラームーン ミュージアム」六本木ミュージアム

名称:「美少女戦士セーラームーン ミュージアム」六本木ミュージアム
会期:2022年7月1日(金)〜2022年12月30日(金)
   Vol.1:7月1日(金)~9月4日(日)
   Vol.2:9月10日(土)~11月6日(日) 
   Vol.3:11月12日(土)~12月30日(金)
会場:六本木ミュージアム
時間:10:00〜18:00
休館日:会期中無休 
   9月5日(月)~9日(金)、
   11月7日(月)~11日(金)
観覧料:一般 2,200円(2,000円)
   中学、高校生 1,400円(1,200円)
   小学生 800円(600円)
   ※( )内は前売料金です
住所:〒106-0032 東京都 港区六本木5丁目6−20
URL:六本木ミュージアム

本展は、今回の展覧会のために原作者・武内直子氏が描き下ろした新作イラストや、初展示を含む貴重なカラー原画を3期間に分けて過去最大規模で展示します。
大スクリーンの映像と特殊効果により美しいカラーイラストの世界に入り込む没入型体験シアターや、セーラー戦士たちのきらめく歴史を名シーンとともに振り返る新手法・ホログラム原稿展示など、この機会にしか見ることができない美少女戦士セーラームーンの世界を体験できる全く新しい展覧会です。
また90年代から最新作までのアニメ資料や当時の貴重なグッズ、ミュージカルの衣裳など、過去最多の600点を超える秘蔵資料を一堂に集めたコレクション展示では30年の歴史を濃密に堪能していただけます。
◆ 美少女戦士セーラームーンについて
月刊誌「なかよし」(講談社刊)にて、1991年から連載を開始した武内直子原作の少女漫画。原作単行本は17ヵ国語に翻訳され、アニメーションシリーズは40ヵ国以上の国で展開し、国内外で社会現象を起こしました。2012年に作品20周年を記念し新たなプロジェクトが始動。原作コミックスのリニューアルや電子書籍化、オールカラー化、新作アニメ、ミュージカル、オフィシャルファンクラブなど、現在に至るまで様々な展開を行ってきました。そして2022年には、いよいよ30周年プロジェクトがスタート。さらなる展開が発表され大きな盛り上がりを見せています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る