特別展「北大路魯山人展」光ミュージアム

特別展「北大路魯山人展」光ミュージアム

名称:特別展「北大路魯山人展」光ミュージアム
会期:2022年2月27日(日)〜12月16日(金)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)
休館日:毎週火・水曜日
会場:光ミュージアム
住所:〒506-0051岐阜県高山市中山町175
TEL:0577-34-6511
URL:光ミュージアム

北大路魯山人(1883~1959)は書家、篆刻家、美食家、陶芸家など様々な顔をもち、いずれの分野でも第一級の創作家として活躍しました。書家として立ち、美食を追求し、中国の染付や呉須、日本の古陶磁などのエッセンスをもとに、料理を惹きたてる様々な食器を生み出しました。その上、絵画や漆芸にも異才を発揮しています。魯山人ほど古陶磁を研究し、古美術の心をくみ取り、それを自分のものにしてしまった芸術家は稀といえます。
本展では書や篆刻をはじめ、染付、黄瀬戸、志野、織部、信楽、備前などの陶磁器約50点を展示する他、漆塗葡萄文円卓、鉄透置行燈を初公開致します。この機会に、作品が再評価され、生き方に対しても深い関心が寄せられている魯山人の魅力をご堪能いただければ幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る