ミニ企画展「小樽朗読友の会50周年記念展」市立小樽文学館

ミニ企画展「小樽朗読友の会50周年記念展」市立小樽文学館

名称:ミニ企画展「小樽朗読友の会50周年記念展」市立小樽文学館
会期:2022年 4月29日(金)〜 6月12日(日)
住所:〒047-0031 小樽市色内1丁目9番5号
TEL.FAX.0134-32-2388
URL:市立小樽文学館

視覚障がい者のために本などを読み上げて録音するボランティア団体「小樽朗読友の会」が昭和47(1972)年に活動を始めて、令和4(2022)年で50年目となる。
小樽市点字図書館に協力してこれまで朗読してきた本は約6,000冊。一般図書だけではなく新聞や『広報おたる』の記事の録音も手がけ、登録した利用者にCDやホームページで届けている。
朗読・録音・校正から利用者に届けるまでの作業工程や機材などはほとんど知られていないが、15周年記念事業として行った『小林多喜二全集』(全7巻)の録音はカセットテープ99巻に及び、20周年事業として行った『伊藤整全集』(全24巻)に至ってはカセットテープ549巻、朗読者・校正者延べ100人以上という10年がかりの大事業となった。
平成18(2006)年から平成25(2013)年まで毎月1回、計73回150点以上の作品を会員交代で朗読していただいた『大人のための読み聞かせ・名作の時間』など、文学館とも関係の深い「小樽朗読友の会」の50年の足どりを追い、作業の工程、朗読された原本や、技術の進歩に従って変化した使用機材、今後の展望などをご紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る