開館15周年記念 800年遠忌記念特別展「運慶 鎌倉幕府と三浦一族」横須賀美術館

開館15周年記念 800年遠忌記念特別展「運慶 鎌倉幕府と三浦一族」横須賀美術館

名称:開館15周年記念 800年遠忌記念特別展「運慶 鎌倉幕府と三浦一族」横須賀美術館
会期:2022年4月23日(土)〜6月19日(日)
開館時間:10:00~17:00
料金:大人/500円(10名様以上の団体は400円)
   高校生以下無料
休館日:月・火曜日(祝日は開館)
会場:八戸クリニック街かどミュージアム
住所:〒239-0813神奈川県横須賀市鴨居4-1
TEL:046-845-1211
URL:横須賀美術館

運慶作《毘沙門天立像》(部分) 1189年、国指定重要文化財 浄楽寺蔵
運慶作《毘沙門天立像》(部分) 1189年、国指定重要文化財 浄楽寺蔵

12世紀末から13世紀初頭にかけて活躍した仏師・運慶。
奈良・興福寺や、東大寺での造仏が広く知られていますが、じつは、鎌倉時代における東国(関東地方)での仏教彫刻の展開を考えるうえでも、欠かせない存在です。運慶は、鎌倉幕府という新政権と密接に結びつき、北条氏からの信頼を背景に、東国での活躍の場を得ました。浄楽寺(横須賀市芦名)に残る1189年作の諸像をはじめ、横須賀ゆかり氏族・三浦一族の造仏にも関与しています。その影響は、満願寺(横須賀市岩戸)に残る菩薩立像などにも及びます。
本展覧会は、横須賀市内に残る運慶および運慶工房作と見られる仏像を中心に、前後する時期の仏像や書跡等、計約50点の文化財を展示し、三浦半島の歴史と文化に新たな光を当てていきます。
なお、この展覧会は、神奈川県立金沢文庫(10月7日~)との巡回展となっております。横須賀は三浦一族に、文庫は鎌倉幕府に、それぞれ重点を置いた展示内容となりますので、両方で一つの展覧会と言っても過言ではありません。両会場ともご来場をお待ちしております。

運慶作《不動明王立像》(部分) 1189年、国指定重要文化財 浄楽寺蔵
運慶作《不動明王立像》(部分) 1189年、国指定重要文化財 浄楽寺蔵
《三浦義明坐像》 鎌倉時代後期、国指定重要文化財 満昌寺蔵(展示は7月31日まで)
《三浦義明坐像》 鎌倉時代後期、国指定重要文化財 満昌寺蔵(展示は7月31日まで)
《観音菩薩立像》(部分) 鎌倉時代、国指定重要文化財 岩戸山 満願寺蔵
《観音菩薩立像》(部分) 鎌倉時代、国指定重要文化財 岩戸山 満願寺蔵
《地蔵菩薩立像》(部分) 鎌倉時代、国指定重要文化財 岩戸山 満願寺蔵
《地蔵菩薩立像》(部分) 鎌倉時代、国指定重要文化財 岩戸山 満願寺蔵
《毘沙門天立像》 鎌倉時代、神奈川県指定重要文化財 清雲寺蔵
《毘沙門天立像》 鎌倉時代、神奈川県指定重要文化財 清雲寺蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る