OKETA COLLECTION 「鈴木まもる 絵本と世界の鳥の巣展」小山市立車屋美術館

鈴木まもる《Bird's Nests of the World》 2012年 作家蔵

名称:OKETA COLLECTION 「鈴木まもる 絵本と世界の鳥の巣展」小山市立車屋美術館
会期:2022年7月9日(土)〜9月11日(日)
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
料金:一般400(団体300)円、大高生250(団体150)円、中学生以下無料
   ※団体は20名以上 ※障がい者手帳をお持ちの方と付添1名無料
休館日:月曜日(7/18は開館)、7/19,7/22,8/12,8/26
会場:小山市立車屋美術館
住所:〒329-0214栃木県小山市乙女3-10-34
TEL:0285-41-0968
URL:小山市立車屋美術館

『世界の鳥の巣の本』鈴木まもる 著、岩崎書店 
『世界の鳥の巣の本』鈴木まもる 著、岩崎書店 

絵本作家・鈴木まもるは『せんろはつづく』などの人気絵本をはじめ210冊以上に絵を描いています。また野山でみつけた鳥の巣の形にひかれて、研究を続ける鳥の巣研究家でもあります。この展覧会では大小さまざまな世界の鳥の巣と、鳥や鳥の巣を扱った絵本や人気絵本の原画をご紹介します。身近な自然がますます好きになるユニークな展覧会をお楽しみください。

画家・絵本作家・鳥の巣研究家
 1952年東京都生まれ。東京藝術大学美術学部工芸科中退。
 1995年、『黒ねこサンゴロウ』シリーズ(偕成社・竹下文子/文)で赤い鳥さし絵賞
 2006年、『ぼくの鳥の巣絵日記』(偕成社)で講談社出版文化賞絵本賞
 2014年、『ニワシドリのひみつ~庭師鳥は芸術家』(岩崎書店)で産経児童出版文化賞JR賞
 2016年、『世界655種 鳥の卵と巣の大図鑑』(吉村卓三共著・ブックマン社)で日本作家クラブ第1回あらえびす文化賞
 2021年、『あるヘラジカの物語』(星野道夫原案、鈴木まもる/文・絵、あすなろ書房)で第2回親子で読んでほしい絵本大賞

 主な絵本に『ピン・ポン・バス』(偕成社)、『せんろはつづく』(金の星社)、『いのちのふね』(講談社)、『みんなあかちゃんだった』(小峰書店)、『おじいさんとヤマガラ』(小学館)、『だんろのまえで』(教育画劇)、『あるヘラジカの物語』(あすなろ書房)、『ウミガメものがたり』(童心社)など。
 鳥の巣を扱った絵本に『鳥の巣の本』『世界の鳥の巣の本』『ぼくの鳥の巣コレクション』(岩崎書店)、『鳥の巣みつけた』『鳥の巣研究ノートPart1,2』(あすなろ書房)、『ぼくの鳥の巣絵日記』『鳥の巣いろいろ』『ふしぎな鳥の巣』『鳥の巣ものがたり』『ツバメのたび』『日本の鳥の巣図鑑 全259』(偕成社)、『ぼくの鳥の巣探検』『世界の鳥の巣をもとめて』(小峰書店)、『世界655種、鳥と卵と巣大図鑑』(ブックマン社)。2013年に『世界の鳥の巣の本』の英訳版が米国のWestern Foundation of Vertebrate Zoologyから出版された。

鈴木まもる《Bird's Nests of the World》 2012年 作家蔵
鈴木まもる《Bird’s Nests of the World》 2012年 作家蔵
『せんろはつづく にほんいっしゅう』鈴木まもる 文・絵、金の星社
『せんろはつづく にほんいっしゅう』鈴木まもる 文・絵、金の星社
『あるヘラジカの物語』星野道夫原案、鈴木まもる 文・絵、あすなろ書房
『あるヘラジカの物語』星野道夫原案、鈴木まもる 文・絵、あすなろ書房

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る