「お菓子の記憶~甘くて苦い思い出たち~」昭和館

「お菓子の記憶~甘くて苦い思い出たち~」昭和館

名称:「お菓子の記憶~甘くて苦い思い出たち~」昭和館
会期:2022年7月16日(土)〜9月4日(日)
開館時間:10時~13時30分(入館は13時まで)
     14時~17時30分(入館は17時まで)
     ※13時30分~14時の間は館内清掃のため入館できません。
料金:無料
   ※常設展示室は有料
休館日:毎週月曜日(7月18日・8月15日は開館、7月19日は休館)
会場:昭和館
住所:〒102-0074東京都千代田区九段南1-6-1
TEL:03-3222-2577
URL:昭和館

「お菓子の記憶~甘くて苦い思い出たち~」昭和館
「お菓子の記憶~甘くて苦い思い出たち~」昭和館

お菓子は子どもたちにとって日常の中の大きな存在、嗜好品としてささやかな幸せをもたらしてくれるものです。日本を代表とする製菓会社である森永製菓の創業者・森永太一郎は子供たちに幸福と希望を与えるエンゼルをシンボルマークとしました。また、他の創始者たちも、お菓子と子どもたちとの関係性について次のように述べています。
 「子供はいつも、オヤツとオモチャの世界にすんでいる」
 (江崎利一 江崎グリコ株式会社)
 「子供からお菓子を取り去ることは不可能」
 (有嶋建助 明治製菓株式会社)
 昭和の時代でも現代においても誰の思い出の中にも、お菓子の記憶は存在していることでしょう。
 本企画展では、戦前から戦中・戦後のめまぐるしく変化する昭和の時代において、お菓子とその一番のパートナーである子どもたちがどのような道筋を辿ったのかを紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る