「マティアス・アドルフソン 来日展」銀座三越

「シティーブロック」 36.5×53cm ジクレー版画 ED.50

名称:「マティアス・アドルフソン 来日展」銀座三越
会期:2022年7月27日(水) ~ 2022年8月1日(月) ※最終日は午後5時まで
会場:銀座三越 本館7階 ギャラリー
住所:〒104-8212 東京都中央区銀座4-6-16
TEL: 03-3562-1111
URL: 銀座三越

「Carrot lover」  20×33cm
「Carrot lover」 20×33cm

精密な下描きから、ペンと水彩を用いて描くマティアス・アドルフソン。
3Dグラフィックデザイナーから、アナログの表現にこだわったイラストレーターとして転身した氏は、その一風変わった世界観で多くの人々を魅了しています。
母国スウェーデンでは、作品集が最も美しい本と呼ばれる賞を受賞。アメリカでは、長年にわたりロックバンドのアルバムジャケットを手掛け、2021年には最も優れたアートワークとして選出されました。
本展では、マティアス氏の日本初来日にあわせ、個展を開催するはこびとなりました。貴重な直筆作品7点と、日本初企画となるジクレー版画28点を展示いたします。
この機会にぜひご高覧くださいませ。

「ザ・グランドホール」  46.5×56cm  ジクレー版画 ED.50
「ザ・グランドホール」 46.5×56cm ジクレー版画 ED.50
「The red loft」  18×30cm
「The red loft」 18×30cm
「Rush hour」  36×21cm
「Rush hour」 36×21cm
「The Old west」  56×30cm
「The Old west」 56×30cm

マティアス・アドルフソン Mattias Adolfsson
1965年スウェーデン生まれ。
グラフィックアーティストでありイラストレーター。
ヨーテボリ大学アート・アンド・グラフィックデザインで修士号を取得。エンジニアや建築を学んだ後、その知識を活かしゲームデザイナーとして3Dグラフィック制作に10年ほど携わる。
その後はイラストレーション業に専念。制作は手描きにこだわり、インクと水彩を使ってスケッチブックや手帳に描く。
画集The second in lineが2013年The most beautiful book of the yearを受賞(スウェーデン書籍協会)。アメリカのロックバンドDance Gavin DanceのCDジャケットイラストを長年にわたり手がけ、2021年にはベストアルバムアートワークを受賞している。
ディズニー、ドリームワークス、ワーナーブラザーズ、ニューヨークタイムズなど活躍の場は多岐にわたり、世界各地でワークショップを行う。
ストックホルム近郊の町シグチューナ在住。

後援:スウェーデン大使館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る