「水木しげる 魂の漫画展」いわき市立美術館

「水木しげる 魂の漫画展」いわき市立美術館

名称:「水木しげる 魂の漫画展」いわき市立美術館
会期:2022年6月25日(土)-8月21日(日)
休館日:月曜日、7月19日(火)
   7月18日(月・祝)、8月15日(月)は開館いたします
開館時間:09:30-17:00(最終入場16:30)
夜間開館:7・8月の金曜日は09:30-20:00(最終入場19:30)
会場:いわき市立美術館 2階企画展示室
観覧料:
  来場者 観覧料 団体料金(20名以上)
  一般 1,100 880
  高・高専・大生 500 400
  小・中学生 300 240
  いわき市在住の65歳以上の方、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料
  いわき市内の小・中・高・専修(高等課程)・高専生は、土曜日と日曜日のみ無料
住所:〒970-8026福島県いわき市平字堂根町4-4
TEL:0246-25-1111
URL:いわき市立美術館

「水木しげる 魂の漫画展」いわき市立美術館
「水木しげる 魂の漫画展」いわき市立美術館

『ゲゲゲの鬼太郎』などで知られる日本漫画界の鬼才水木しげる(本名 武良茂 1922-2015)。
 彼は、鳥取県境港で過ごした少年時代に見た正福寺所蔵の「地獄極楽絵図」に心を奪われて以来、目に見えない世界を信じるようになり、生涯にわたって不思議な世界を探求・表現し続けました。
 太平洋戦争の激戦地ラバウルで生死の境をさまよい片腕を失い、極貧時代を乗り越え、独自の漫画表現に到達した水木の画業を、漫画原稿や原画、愛用の道具、多彩な映像資料で紹介します。
 探求心と洞察力、緻密な作画によって生み出された水木ワールドをどうぞお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る