「国際芸術祭「あいち2022」STILL ALIVE 今、を生き抜くアートのちから」愛知県美術館

「国際芸術祭「あいち2022」STILL ALIVE 今、を生き抜くアートのちから」愛知県美術館

名称:「国際芸術祭「あいち2022」STILL ALIVE 今、を生き抜くアートのちから」愛知県美術館
会期:2022年7月30日(土)〜10月10日(月) 
会場:愛知県美術館(ほか)
観覧料金:フリーパス当日一般3,000円、1DAYパス当日一般1,800円ほか
休館日:月曜日(9月19日、10月10日は開館)
住所:〒461-8525愛知県名古屋市東区東桜1-13-2
TEL:052-971-5511
URL:愛知県美術館

国内最大規模の国際芸術祭の一つである「あいち2022」には、国内外から100組のアーティストが参加。愛知芸術文化センターのほか、一宮市、常滑市、有松地区(名古屋市)を会場に、現代美術、パフォーミングアーツ、ラーニング・プログラムなど、ジャンルを横断した最先端の芸術を発信する。
今回のテーマ「STILL ALIVE」は、愛知県出身のコンセプチュアル・アーティストである河原温が電報で自身の生存を発信し続けた《I Am Still Alive》シリーズに着想を得ている。この「STILL ALIVE」を多角的に解釈し、明日を生きるためのポジティブなエネルギーに繋がる、心躍る出会いや体験の場を提供する。

見どころ
現代美術
・国内外の82組のアーティスト及びグループの新作を含む作品を展示し、最先端の現代美術を紹介します。
・愛知県美術館を含む愛知芸術文化センターや、一宮市、常滑市、有松地区(名古屋市)での作品展示など、県内での広域展開を図ります。
パフォーミングアーツ
・国内外の先鋭的な演劇、音楽、ダンスなどの舞台芸術作品や関連プログラムを、愛知県芸術劇場および愛知芸術文化センター周辺で10演目程度上演します。
・現代美術の文脈で語られてきたパフォーマンス・アートにも注目し、パフォーミングアーツをより横断的に楽しむためのレクチャーやトークなどを企画します。
ラーニング
・「アートは一部の愛好家のためのものではなく、すべての人がそれぞれのやり方で楽しみ享受するもの」という基本的な考え方をコンセプトの核とし、幅広い層を対象とした様々な「ラーニング・プログラム」を実施します。
・「あいち2022」会期中だけではなく、開幕までの期間を含め、フェーズ毎に目的を設定し、プログラムを構成します。
連携事業
・県内の芸術大学を始め、多様な主体との連携による事業を展開します。
・参加アーティストによる短期間の巡回展示を県内4市(長久手市、蒲郡市、半田市、西尾市)の文化施設などで開催します。
・企画公募により選考された7組の地元文化芸術団体と共催で、舞台公演を行います。
オンライン展開
・会場での作品展示や上演等のほか、オンラインでの映像配信やプログラムなどを実施します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 特別企画展「おおさか街あるき―キタ・ミナミ―」大阪歴史博物館
ページ上部へ戻る