「河鍋暁斎と陶俑」東京黎明アートルーム

「河鍋暁斎と陶俑」東京黎明アートルーム

名称:「河鍋暁斎と陶俑」東京黎明アートルーム
会期:2022年9月18日(日)~ 2022年10月31日(月)
休室日:2022/9/23(祝)、10/3(月)、10/16(日)
開室時間:10:00~16:00 ※最終入室は15:30
入室料金:一般 600円 / 20歳未満は無料
   ※障害者手帳をお持ちの方及び介護者の方は300円引き
   ※《20歳未満の方》年齢を確認させていただく場合がございますので、年齢のわかるものをご用意下さい
主催:東京黎明アートルーム
会場:東京黎明アートルーム
住所:〒164-0003 東京都中野区東中野2-10-13
TEL:03-3369-1868
URL:東京黎明アートルーム

幕末から明治に活躍した、天才絵師・河鍋暁斎(一八三一~―八八九)の絵画を展示します。幼少期より写生を好み、七歳で浮世絵師・歌川国芳のもとで絵を学び始め、続いて駿河台狩野派に入門した暁斎。狩野派の先人たちや、古画を徹底的に学び、多岐にわたるジャンルで優れた作品を多く遺しました。抜群の画力と奇抜な着想で描かれた仏画、戯画、美人画など、河鍋暁斎のエッセンスが詰まった十三件の絵画作品。どうぞご堪能ください。中国で作られたさまざまな人物や動物の姿を写したやきもの、陶俑も展示します。陶俑は彫刻的な美しさだけでなく、当時の風俗や流行を鑑賞できる点も魅力です。その他、アジアの彫刻や岡田茂吉作品を展示します。皆様のご来室を心よりお待ちしています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る