市民ギャラリー収蔵品展「遥かなブルー」安城市民ギャラリー

市民ギャラリー収蔵品展「遥かなブルー」安城市民ギャラリー

名称:市民ギャラリー収蔵品展「遥かなブルー」安城市民ギャラリー
会期:2022年9月14日(水)~9月25日(日)
開館時間:9:00〜17:00 ※最終日は16:00まで
休館日:月曜日  ※9月19日(月・祝)は開館
観覧料:観覧無料
会場:安城市民ギャラリー展示室C
住所:〒446-0026愛知県安城市安城町城堀30
TEL:0566-77-6655
URL:安城市民ギャラリー

市民ギャラリー収蔵品展「遥かなブルー」安城市民ギャラリー
市民ギャラリー収蔵品展「遥かなブルー」安城市民ギャラリー

 これまで本市では、地元ゆかりの美術作家の作品を収集してきました。本展では、「青色」をテーマに、市民ギャラリーのコレクションの中から選りすぐった作品を紹介します。
 青色は、まだ芽生えたばかりの若さや、寂しさ・落ち込みなどの心の表現にも使われる不思議な色です。また、宇宙飛行士ユーリ・ガガーリンによる人類初の有人宇宙飛行の際に生まれた「地球は青かった」という表現が今なお有名な言葉として人々の記憶に刻まれ続けていることは、大きな海と広い空に覆われたこの惑星(ほし)を彩る青色に、誰しもが雄大で広々としたイメージを想起させ、共感するからなのかもしれません。
 市民ギャラリーでは、初めて特定の「色」に焦点をあてて展示を行います。作家たちによって思い描かれたそれぞれの青は、作品に遠近や深みを与え、様々な物語を想像させます。暑い夏が過ぎゆく9月の秋空とともに、透徹とした青の世界をぜひお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る