「白岩大佑 急須展 ‐彩りのある急須たち‐」札幌三越

左から) ①焼締急須(青) 幅11×奥行10×高さ8.5cm ②焼締急須(薄紫) 径12×奥行10×高さ8.5cm ③焼締急須(茶) 径11×奥行10.5×高さ8.5cm ④焼締急須(薄緑) 径11×奥行10×高さ9cm ⑤焼締急須(ピンク) 径10×奥行9.5×高さ9cm

名称:「白岩大佑 急須展 ‐彩りのある急須たち‐」札幌三越
会期:2022年9月27日(火) ~ 2022年10月3日(月) ※最終日は午後4時終了
場所:本館9階 本館9階 三越ギャラリー(Aギャラリー)
住所:〒060-0061 札幌市中央区南1条西3丁目-8
TEL: 011-271-3311(代表)
URL: 札幌三越

左から) ①焼締急須(青) 幅11×奥行10×高さ8.5cm ②焼締急須(薄紫) 径12×奥行10×高さ8.5cm ③焼締急須(茶) 径11×奥行10.5×高さ8.5cm ④焼締急須(薄緑) 径11×奥行10×高さ9cm ⑤焼締急須(ピンク) 径10×奥行9.5×高さ9cm
左から) ①焼締急須(青) 幅11×奥行10×高さ8.5cm ②焼締急須(薄紫) 径12×奥行10×高さ8.5cm ③焼締急須(茶) 径11×奥行10.5×高さ8.5cm ④焼締急須(薄緑) 径11×奥行10×高さ9cm ⑤焼締急須(ピンク) 径10×奥行9.5×高さ9cm

丁寧に成形された急須は、穴窯を用いて二日間かけて焼き上げられます。さまざまな表情を持つ急須たちは、さらに窯の中で自然釉の衣をまとうため一つひとつ個性のある作品の数々をぜひご高覧ください。 
昨年改めて窯を作り直して以来、思い通りの焼成ができず悩ましい時期をすごしました。今年に入り、ようやく窯と仲良くなることができ、作品を作りあげるができました。初心に戻り、急須づくりに向き合う姿勢を考えさせされる1年間となりました。炎が作り出した、彩りのある急須作品をどうぞご覧ください。 白岩大佑
※会期中、作家在廊

白岩大佑(しらいわ たいすけ)
〔陶歴〕
1985年 北海道松前町生まれ
2009年 北海道教育大学函館校芸術文化課程美術コース卒業
2010年 愛知県常滑市無形文化財保持者 小西洋平氏に師事
2011年 第51回日本煎茶工芸展入選(以後、毎年入選。2019年正会員認定)
     第58回 日本伝統工芸展入選(第62,63,67,68回 入選。2020年正会員認定)
2016年 「国家商品博覧会」出品・参加(中国雲南省昆明)
2017年 「第6回中国・四川国際茶業博覧会」出品・参加(中国四川省成都)
現  在  日本工芸会正会員 日本煎茶工芸協会正会員
【賛助出品】小西洋平(常滑市無形重要文化財保持者)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 竹直公《西洋婦人図》歸空庵コレクション
  2. 「佐々木美術館11周年芸術祭」佐々木美術館&人形館
  3. 所蔵名品展1「人間国宝ー匠の技ー」井原市立平櫛田中美術館
ページ上部へ戻る