アンヌ・ドゥ・ヴァンディエール 「à mains levées シャネルを紡ぐ手」シャネル・ネクサス・ホール

©︎Anne de Vandière

名称:アンヌ・ドゥ・ヴァンディエール 「à mains levées シャネルを紡ぐ手」シャネル・ネクサス・ホール
会期:2022年8月31日(水)~2022年10月2日(日)
開館時間:11:00〜19:00
入場料:無料
会場:シャネル・ネクサス・ホール
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング 4F
TEL:03-6386-3071
URL:シャネル・ネクサス・ホール

©︎Anne de Vandière
©︎Anne de Vandière

シャネル・ネクサス・ホールではフランス人写真家アンヌドゥ ヴァンディエールの展覧会「amainsleveesシャネルを紡ぐ手」を開催いたします。
2022年、アンヌはカンボン通り31番地に所在するシャネルのオートクチュールのアトリエ、そしてそのクリエーションを支える、フランス国内にあるメティエダールの13のアトリエを取材しました。アトリエ職人の手による芸術とも言えるものづくりにスポットを当て、その手が紡ぐ物語を丁寧に切り出したのです。その作品は、観る者を煌びやか世界の 舞台裏へと誘い、クリエイティビティやサヴォアフェールを映し出す世界へと足を踏み入れることを可能にしてくれます。
メティエダールの中心を担う場所として、またその継承を目的に2021年にパリ郊外に誕生したle19M。長年にわたりシャネルはかけがえのない職人たちとクリエイティブな関係を築いてきましたが、これまでファッションの世界を支える、その卓越した技術を公開することはほとんどありませんでした。今回、アンヌはシャネル・ネクサス・ホールで開催される展覧会のために、le19Mにアトリエを構える、刺繍のルサージュ、モンテックス、羽根・花細工のルマリエ、帽子のメゾン ミッシェル、プリーツのロニオン、靴のマサロ、金細工のゴッサンスなどを取材しました。同時に、手袋のコース、コスチュームジュエリーのデリュをはじめ、le19M以外に拠点をもつアトリエも撮影しています。
本展では、アンヌが撮り下ろした数々のアトリエの写真を通して、シャネルのメティエダールの精神、そして情熱に満ちた手が紡ぐ物語を紹介します。

©︎Anne de Vandière
©︎Anne de Vandière
©︎Anne de Vandière
©︎Anne de Vandière
©︎Anne de Vandière
©︎Anne de Vandière
©︎Anne de Vandière
©︎Anne de Vandière

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る