「アートラボ2022 第Ⅱ期 金箱淳一展 たゆたう音とあそぶ」長野県立美術館

「アートラボ2022 第Ⅱ期 金箱淳一展 たゆたう音とあそぶ」長野県立美術館

名称:「アートラボ2022 第Ⅱ期 金箱淳一展 たゆたう音とあそぶ」長野県立美術館
会期:2022年7月30日(土)~ 2022年10月25日(火)
休館日:水曜日
開館時間:9:00~17:00(展示室入場は 16:30 まで)
観覧料:無料
会場:アートラボ
主催:長野県、長野県立美術館
住所:〒380-0801長野県長野市箱清水1-4-4(善光寺東隣)
TEL:026-232-0052
URL:長野県立美術館

長野県立美術館本館2階の「アートラボ」は、視覚以外の感覚も使った鑑賞が可能な「ラボラトリー(実験室)」となることを目指しています。2022年度の第Ⅱ期展覧会では、金箱淳一を紹介します。
「楽器インターフェース」の研究者でもある金箱は、視覚や聴覚に障がいのある人もそうでない人も一緒に遊ぶ/感じることができるよう、音や光を振動に変えて伝える「共遊楽器」の開発をおこなっています。聴覚だけでなく、それ以外のさまざまな感覚をつかって、音を楽しんでみてください。

金箱淳一 略歴
楽器インターフェース研究者、Haptic Designer、神戸芸術工科大学准教授
障がいの有無にかかわらず、共に音を楽しめる「共遊楽器」(作家による造語)を研究・開発している。
 1984年 長野県浅科村(現・佐久市)生まれ
 2007年 第11回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門審査委員会推薦作品
 2013年 Asia Digital Art Awardエンターテイメント部門大賞、経済産業大臣賞
 2018年 Asia Digital Art Awardエンターテイメント部門優秀賞受賞
 2021年 東京2020パラリンピック閉会式演出協力
 他、クライアントワークも多数手がけている

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 皇居三の丸尚蔵館展「皇室の至宝 北海道ゆかりの名品」北海道立近代美術館
  2. 「花鳥風月―水の情景・月の風景」皇居三の丸尚蔵館
  3. 特別展「日本の巨大ロボット群像」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る