「旅の記憶・街の記憶」大分県立歴史博物館

「旅の記憶・街の記憶」大分県立歴史博物館

名称:「旅の記憶・街の記憶」大分県立歴史博物館
会期:令和4年7月8日(金曜日)~令和4年9月11日(日曜日)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(7月18は開館、7月19日は休館)
会場:大分県立歴史博物館 企画展示室
主催:大分県立歴史博物館
観覧料:一般:310円(210円) 
    高・大学生:160円(100円) 
    中学生以下:無料
    ※(  )内は20名以上の団体様のお一人様の料金
    ※土曜日の高校生の観覧は無料
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方とその付添いの方1名は無料
住所:〒872-0101大分県宇佐市大字高森京塚
TEL:0978-37-2100
URL:大分県立歴史博物館

「旅の記憶・街の記憶」大分県立歴史博物館
「旅の記憶・街の記憶」大分県立歴史博物館

 およそ100年前からつい最近までの旅行にまつわる資料や鉄道関係の資料など、数多くの展示品で旅の楽しさを振り返っています。また、昔の写真から、街の移り変わりを紹介。楽しさと懐かしさに触れることができる展覧会です。
主な展示品
 特急「富士」実物大ヘッドマークレプリカ/個人
 駅弁掛紙/中津市歴史博物館
 別府温泉鳥瞰図/自性寺大雅堂
 奇勝耶馬 全渓谷遊覧交通図/大分県公文書館
 大分県広報写真/大分県公文書館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る