「NEW INTIMACIES -WILD WILD WEST-」Gallery PARC

「NEW INTIMACIES -WILD WILD WEST-」Gallery PARC

名称:「NEW INTIMACIES -WILD WILD WEST-」Gallery PARC
会期:2022年09月11日(日) 〜 2022年09月25日(日)
会場:Gallery PARC
時間:13:00~19:00
休館日:水・木曜日
料金:無料
住所:〒602-8282  京都府京都市上京区皀莢町287 堀川新文化ビルヂング 2階
TEL:075-334-5085
URL:Gallery PARC

アーティスト・田中和人と菅かおるが運営するアーティストランスペース「soda」が企画する「NEW INTIMACIES」展の第4回。プライベートにおいてパートナーの関係にあるアーティスト(あるいはアートに何らかの関わりを持つ者)のカップルが、それぞれ協働・共同により制作した作品を展示します。これまでは関東圏の作家が中心でしたが、今回は関西以西に在住・活動する7組・14名のアーティストによって構成します。
「個」を起点とするアーティストにおいて、作品・表現はアーティスト個人の発想・思考のみの産物ではなく、個を取り巻く様々な関係・影響を受けて創造・醸成されたものであるといえます。その複雑で多様な関係性を作品に明確に見出すことは難しいものですが、しかしおよそ表現や作品に至る背景として普遍的に存在しているといえます。
本展はその関係性を『親密さ(インティマシー)』として、作品や表現を通じてその在り方を眼差すものです。そして、多様な関係性におけるひとつの極として、プライベートにおけるパートナーであるアーティストカップルに共同制作を依頼します。
「個」を単位とする表現活動において、内在・外在する様々な関係性を一旦はプライベートの「親密さ」に代入し、その回路を用いて共同制作した作品からは、それぞれの関係性や影響関係を見出すことができるかもしれません。あるいは個々のアーティストの表現への理解が進むかもしれません。
テクノロジーやインフラなどの進化により、コミュニケーションのあり方だけでなく、表現媒体や方法、あるいは「表現」そのものの定義も複雑化・多様化する現在にあって、展示された作品に垣間見ることのできる「親密さ」もまた、より複雑なものなのでしょうか。あるいは、そこにより普遍的な「親密さ」を見出すことだってあるでしょう。

出展作家
厚地朋子(アーティスト)+山下耕平(アーティスト)
今村達紀(ダンサー)+林葵衣(アーティスト)
大屋和代(主婦)+田中秀介(アーティスト)
菅かおる(アーティスト)+田中和人(アーティスト)
楠井沙耶(アーティスト)+黒川岳(アーティスト)
小西景子(アーティスト)+西村涼(アーティスト)
増本奈穂(保存食lab/料理家)+増本泰斗(アーティスト)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る