「喜寿記念 三代 加藤利昇 茶陶展」大丸京都店

仁清黒菊茶碗 坐忘斎宗匠御箱書

名称:「喜寿記念 三代 加藤利昇 茶陶展」大丸京都店
会期:2022年10月5日(水)→11日(火)
会場:6F美術画廊 ※ 最終日は午後5時閉場
住所:〒600-8511 京都市下京区四条通高倉西入立亮西町79番地
TEL:075-211-8111
URL:大丸京都店

紫交趾松六角水指 而妙斉宗旦宗匠在判・御箱書
紫交趾松六角水指 而妙斉宗旦宗匠在判・御箱書

御挨拶
このたび大丸京都店さまの御厚意により、喜寿記念の茶陶展をさせていただく運びとなりました。
京焼の家に育ち、古清水に憧れて作品をつくりはじめ、仁清・乾山・染付・交趾などを手がけてまいりました。
未だ道は遠く、と夢中に茶陶と向き合ううち、気が付けば喜寿を迎えることとなりました。
これ偏に御家元様はじめ皆々様の御懇情の賜物と深く感謝いたしております。
まだまだ力不足の品々ばかりですが、皆々様の御清鑑と併せて、御用に叶う作品が出来ておりますれば幸いです。
何卒よろしくお願い申しあげます。 三代 加藤利昇

加藤 利昇(Risho Kato)
昭和21年 京都東山にて二代目加藤利昇の長男として生まれる
昭和42年 家業を継ぐため陶芸の道に入る
昭和54年 三代目を継承
昭和60年 京都伝統美術功労賞受賞
平成16年 大丸京都店にて個展
平成20年 大丸京都店にて個展
平成24年 大丸京都店にて個展
そのほか、平成元年より各地の百貨店にて個展多数

仁清黒菊茶碗 坐忘斎宗匠御箱書
仁清黒菊茶碗 坐忘斎宗匠御箱書

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る