「コレクション解体新書Ⅰ フジタが目黒にやって来た―作品収集のあゆみ―」目黒区美術館

「コレクション解体新書Ⅰ フジタが目黒にやって来た―作品収集のあゆみ―」目黒区美術館

名称:「コレクション解体新書Ⅰ フジタが目黒にやって来た―作品収集のあゆみ―」目黒区美術館
会期:2022年10月8日(土)~2022年11月20日(日)
休館日:月曜日 (ただし、10月10日(月・祝)は開館、10月11日(火)は休館)
時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一 般 700(550)円
   大高生・65歳以上 550(400)円
   中学生以下  中学生以下 無料
   *障がいのある方とその付添者1名は無料、( )内は 20 名以上の団体料金
   *目黒区在住、在勤、在学の方は受付で証明書類をご提示頂くと団体料金になります(他の割引との併用はできません)
   *11月15日(火)は開館35周年記念日のため、目黒在住、在勤、在学の方は観覧料が無料になります。
主催:公益財団法人 目黒区芸術文化振興財団 目黒区美術館
住所:〒153-0063東京都目黒区目黒2-4-36
TEL:03-3714-1201
URL:目黒区美術館

「コレクション解体新書Ⅰ フジタが目黒にやって来た―作品収集のあゆみ―」目黒区美術館
「コレクション解体新書Ⅰ フジタが目黒にやって来た―作品収集のあゆみ―」目黒区美術館

 目黒区美術館は開館に先立つ1981年度より、海外へ留学したり国際的に活躍した作家、素材や技法の特質をよく示す作品を中心に、日本の近代から現代に至る美術の歴史を俯瞰できるコレクションを目指して作品収集を行ってきました。最初の収蔵作品となった藤田嗣治《動物群》を皮切りに、数多くの日本人作家の秀作を収蔵し、今日2400点余を数えるに至っています。1987年の開館以後は、美術館活動に応じて収集の傾向も次第に変化していきました。例えば、目黒にゆかりある作家の作品は、展覧会の開催を通じて関係者の厚意による寄贈もありその数を増やし、現在では美術館を特徴づける主要なコレクションとなっています。さらに近年は、インテリアショップやデザイナーが多い目黒の地域的特性をとらえ、生活芸術の分野に関連する作品の収蔵も射程に入りました。  
 本展では、開館前から現在に至る当館のコレクション形成のあゆみを振り返りながら、作品収集の過程や取得時のエピソード、さらには取得資金の仕組まで、普段なかなか見ることのできない美術館の舞台裏をご紹介します。

髙島野十郎《百合とヴァイオリン》1921-26年、油彩・キャンバス、目黒区美術館蔵
髙島野十郎《百合とヴァイオリン》1921-26年、油彩・キャンバス、目黒区美術館蔵
古茂田守介《踊り子達》1946年、油彩・キャンバス、目黒区美術館蔵
古茂田守介《踊り子達》1946年、油彩・キャンバス、目黒区美術館蔵
秋岡芳夫、 KAK+佐藤電気産業株式会社《クライスラーキャビネットMS-200》1956年、木、プラスチック、金属、目黒区美術館蔵
秋岡芳夫、 KAK+佐藤電気産業株式会社《クライスラーキャビネットMS-200》1956年、木、プラスチック、金属、目黒区美術館蔵
武内鶴之助《冬の小川》1918年、パステル・紙、目黒区美術館蔵
武内鶴之助《冬の小川》1918年、パステル・紙、目黒区美術館蔵
鈴木省三《森Ⅱ》1983年、油彩、オイルスティック・ゴムボード、目黒区美術館蔵
鈴木省三《森Ⅱ》1983年、油彩、オイルスティック・ゴムボード、目黒区美術館蔵
飯田善國《目黒川夜景 2》1954-55年、油彩・キャンバス、目黒区美術館蔵
飯田善國《目黒川夜景 2》1954-55年、油彩・キャンバス、目黒区美術館蔵
秋岡芳夫《赤い家》1948年、着彩・紙、目黒区美術館蔵
秋岡芳夫《赤い家》1948年、着彩・紙、目黒区美術館蔵
藤田嗣治《動物群》1924年、油彩・キャンバス、目黒区美術館蔵  © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2022 E4803
藤田嗣治《動物群》1924年、油彩・キャンバス、目黒区美術館蔵  © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2022 E4803

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る