秋の所蔵作品展+ 広島県立美術館・広島市現代美術館合同企画「ケンビとゲンビの作品を並べたら、美術についての疑問が解ける(かも)展」広島県立美術館

秋の所蔵作品展+ 広島県立美術館・広島市現代美術館合同企画「ケンビとゲンビの作品を並べたら、美術についての疑問が解ける(かも)展」広島県立美術館

名称:秋の所蔵作品展+ 広島県立美術館・広島市現代美術館合同企画「ケンビとゲンビの作品を並べたら、美術についての疑問が解ける(かも)展」広島県立美術館
会期:2022年10月29日(土)-2023年1月22日(日)
開館時間:9:00~17:00
   ※金曜日は19:00まで
   ※入場は閉館30分前まで
会場:広島県立美術館 2階展示室
休館日:月曜日(ただし,1/2,1/9は開館) ※年末年始(12/25~1/1)は休館
入館料 : 一般510円(410円)/大学生310円(250円)
縮景園共通券:一般610円 /大学生350円
   ※特別展は別料金。
   ※( )内は20名以上の団体
   ※障害者手帳をお持ちの方や65才以上の方、県内の大学に在学する留学生の方などは無料。
   ※当館で開催中の特別展入館券でご覧いただけます。
住所:〒730-0014広島県広島市中区上幟町2-22
TEL:082-221-6246
URL:広島県立美術館

秋の所蔵作品展+ 広島県立美術館・広島市現代美術館合同企画「ケンビとゲンビの作品を並べたら、美術についての疑問が解ける(かも)展」広島県立美術館
秋の所蔵作品展+ 広島県立美術館・広島市現代美術館合同企画「ケンビとゲンビの作品を並べたら、美術についての疑問が解ける(かも)展」広島県立美術館

具象・抽象って何?近代・現代って何?――近代美術を主とする当館と、現代美術を扱う広島市現代美術館の作品を対比することを通じて、美術についての疑問に答えるコラボレーション展です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る