「第十三回 金重愫 作陶展」松坂屋名古屋店

「第十三回 金重愫 作陶展」松坂屋名古屋店

名称:「第十三回 金重愫 作陶展」松坂屋名古屋店
会期:2022年10月12日(水)→18日(火)
会場:本館8階 美術画廊 第一画廊 最終日は16時閉廊
住所:〒460-8430 名古屋市中区栄三丁目16番1号
TEL: 052-251-1111
URL: 松坂屋名古屋店

このたび松坂屋では、備前ならではの土味を存分に活かした力感溢れる作品が高評の、金重愫先生の3年ぶりの新作展を開催いたします。
円熟の陶技から生まれる花入、茶盌など意欲作約40点を一堂に展観いたします。
ぜひこの機会にご高覧賜りますようご案内申しあげます。

略歴
1945年 岡山県備前市に生まれる
1969年 京都大学農学部卒業後、父 金重素山に師事する
1979年 独立
1981年 田部美術館「茶の湯の造形展」奨励賞受賞 以降計6回
1990年 淡交ビエンナーレ「茶道美術公募展」奨励賞受賞
1997年 山陽新聞社主催 備前焼千年の伝統美術展出品
2011年 山陽新聞文化功労賞受賞
2019年 岡山県文化賞受賞
これまでに東京、大阪、岡山、ミュンヘンなどで個展多数開催

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る