開館50周年記念 特別展「Back to 1972 50年前の現代美術へ」西宮市大谷記念美術館

開館50周年記念 特別展「Back to 1972 50年前の現代美術へ」西宮市大谷記念美術館

名称:開館50周年記念 特別展「Back to 1972 50年前の現代美術へ」西宮市大谷記念美術館
会期:2022年10月8日(土)〜12月11日(日)
休館日:水曜日
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料:
  一般1,200(1,000)円、高大生600(400)円、小中生400(200)円
  *( )内は前売料金(いずれも税込価格)
  *11月3日(木・祝)は無料開館日
  *1972年生まれの方は入館無料(要証明書呈示)
  *前売券はローソンLoppi(Lコード52182)で取り扱い、または当館にて販売(前売り券の販売は10月7日(金)まで)
  *西宮市内在住の一般の方は1,000円(要証明書呈示)
  *西宮市内在住65歳以上の方は500円(要証明書呈示)
  *ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
  *心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
住所:〒662-0952兵庫県西宮市中浜町4-38
TEL:0798-33-0164
URL:西宮市大谷記念美術館

泉茂《From Silver Foir(72×72 シリーズ)No.13》和歌山県立近代美術館蔵
泉茂《From Silver Foir(72×72 シリーズ)No.13》和歌山県立近代美術館蔵

「西宮市大谷記念美術館」は1972年11月3日に開館し、今年で開館50周年を迎えました。まさにその時期から、全国各地に美術館が開館し、多くの人々が美術への渇望を抱き、美術館へと向かいました。豊かさの中で美術が求められ、美術鑑賞が日々の暮らしの中に溶け込んでいったのです。
一方、現代美術もまた、様々な展開を見せていました。美術とは何かを根本的に問い直し、物質そのものよりも観念を重んじる傾向が、1970年代にも続いていきます。そしてその作品の主題や制作方法は、敏感に時代を映し出しています。
本展では、1972年に制作された主に関西の現代美術作品を、〈「1972年」という時代〉〈「1972京都ビエンナーレ」と関西のアートシーン〉〈具体美術協会の変遷〉〈現代美術の点景〉〈版画の躍進〉の5つのテーマに沿って紹介します。「美術館」はどのような時代に開館したのでしょうか。
さあ、1972年の美術の世界へと旅立ちましょう。
同時開催 [小企画]大谷竹次郎とコレクション
当館は「大谷記念」の名のとおり、当地に居住していた実業家大谷竹次郎氏の美術作品、土地建物の寄贈により設立されました。50年に渡って親しまれてきた大谷竹次郎コレクションの真髄を紹介いたします。

福岡道雄《蛾2》国立国際美術館蔵
福岡道雄《蛾2》国立国際美術館蔵
植松奎二《空間関係構造体ー樹、人、ロープⅠ》作家蔵
植松奎二《空間関係構造体ー樹、人、ロープⅠ》作家蔵
平田洋一《コレイガイノスベテ》兵庫県立美術館蔵
平田洋一《コレイガイノスベテ》兵庫県立美術館蔵
平田洋一《コレイガイノスベテ》兵庫県立美術館蔵
平田洋一《コレイガイノスベテ》兵庫県立美術館蔵
元永定正《AKAMAGARI》兵庫県立美術館蔵
元永定正《AKAMAGARI》兵庫県立美術館蔵
吉原英雄《モーニング・コーヒー》(シリーズ「ミラー・オブ・ザ・ミラー ニューヨーク」より)和歌山県立近代美術館蔵
吉原英雄《モーニング・コーヒー》(シリーズ「ミラー・オブ・ザ・ミラー ニューヨーク」より)和歌山県立近代美術館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る