「鏡の不思議展 ~ミラクルミラーワールド~」浜田市世界こども美術館

「鏡の不思議展 ~ミラクルミラーワールド~」浜田市世界こども美術館

名称:「鏡の不思議展 ~ミラクルミラーワールド~」浜田市世界こども美術館
会期:2022年 10月15日(土)-2023年 1月9日(月・祝)
開館時間:午前9時30分~午後5時(最終入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日 (1/2、1/9は開館)、11/4(金)、11/24(木)、年末年始 12/28(水)~1/1(日)
会場:浜田市世界こども美術館
主催:公益財団法人浜田市教育文化振興事業団(浜田市世界こども美術館)
後援:浜田市、浜田市教育委員会
共催:TSKさんいん中央テレビ
助成:地域の芸術環境づくり助成事業
観覧料:一 般  500円 (400円)
    高校・大学生 300円(200円)
    小・中学生 200円 (100円)
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ○未就学児は無料
住所:〒697-0016島根県浜田市野原町859-1
TEL:0855-23-8451
URL:浜田市世界こども美術館

『鏡の不思議展~ミラクルミラーワールド~』では、“鏡”を使って表現された様々なアート作品を紹介します。
鏡に向かってクルクル回すと絵が動き出す驚き盤などの「視覚玩具」は、19世紀に発明され 映画やアニメーションの原点となりました。鏡を利用して模様の変化を楽しむ「万華鏡」は光の芸術品ともいわれています。鏡に映すと姿が変わる「変身立体」は、丸が四角に変わったり、花が蝶に変わったり…、現実にはありえない錯視の世界がひろがっています。
このように本展では、様々なジャンルの作家たちが思い思いに表現した驚きと不思議に満ちた作品が並びます。鏡って不思議!鏡っておもしろい! そんな楽しい体験ができる展覧会です。
鏡の中に広がるユニークな世界をお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る