「今井龍満 絵画展」阪神梅田本店

「Puma」 (Enamel & acrylic on canvas、72.7×53cm(P20号)、キャンバスのみ)

名称:「今井龍満 絵画展」阪神梅田本店
会期:2022年11月23日(水・祝)~29日(火)※最終日は午後5時終了
時間:10時〜20時
会場:8階:ハローカルチャー1
住所:〒530-8224 大阪市北区梅田1丁目13番13号
TEL: 06-6345-1201
URL:阪神梅田本店

「Monkey」 (Enamel & acrylic on canvas、65.2×50cm(P15号)、キャンバスのみ)
「Monkey」 (Enamel & acrylic on canvas、65.2×50cm(P15号)、キャンバスのみ)

ポアリングという技法を用いて、“偶然を生きるものたち”を描く画家 今井龍満の阪神梅田本店では2回目となる個展。その作品はエナメルなどの塗料を床に置いた紙やキャンバスに垂らし、完全にコントロールしきれない偶然性を帯びて生まれた生き生きとした線を用いて、動物や人物、生き物たちの存在感やリアルさを表現しています。「前回はパンデミックの影響で在廊できませんでしたが、今回は在廊予定です。皆さまとお会いできるのが楽しみです」と話す今井。両親の故郷である大阪の地を舞台に、そのオリジナリティあふれる世界観を皆さまに披露いたします。

「Chihuahua」 (Enamel & acrylic on canvas、53×41cm (P10号)、キャンバスのみ)
「Chihuahua」 (Enamel & acrylic on canvas、53×41cm (P10号)、キャンバスのみ)
「3 Giraffes」 (Enamel & acrylic on canvas、91×72.7cm (F30号)、キャンバスのみ)
「3 Giraffes」 (Enamel & acrylic on canvas、91×72.7cm (F30号)、キャンバスのみ)

PROFILE 今井龍満
1976年東京都生まれ。1995年、フランス・パリのグラン・ショウミエール芸術学校にて学ぶ。また、10代の終わり頃より、父・今井俊満のアトリエで制作補助をしながら美術教育を受け、2008年より本格的に作品制作を開始。日本や海外で個展やグループ展を行い、アートフェアにも多数出品する。

「Puma」 (Enamel & acrylic on canvas、72.7×53cm(P20号)、キャンバスのみ)
「Puma」 (Enamel & acrylic on canvas、72.7×53cm(P20号)、キャンバスのみ)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る