商品部門コラム展「津軽こぎんと刺し子」明治大学博物館

商品部門コラム展「津軽こぎんと刺し子」明治大学博物館

名称:商品部門コラム展「津軽こぎんと刺し子」明治大学博物館
会期:2022年10月1日(土)~2022年12月24日(土)
会場:明治大学博物館 常設展示室 商品部門内
開館時間:月曜日~金曜日 10時00分~17時00分(入館は16時30分まで)
土曜日:10時00分~16時00分(入館は15時30分まで)
休館日:日曜・祝日・11月1日(火)
料金:無料
住所:〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1 アカデミーコモンB1
TEL:03-3296-4448
URL:明治大学博物館

木綿の着用が許されていなかった江戸時代の農民が、麻の日常衣料に保温と補強のため刺し子をしたことから始まったとされる津軽こぎん。
1979年に収蔵した5点の津軽こぎんをご紹介しています。
※商品部門コラム展は、常設展示室商品部門内のミニ展示です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る