中村 康平 展「景」伊勢丹新宿店

「景」 陶、木 H38 × W85 × D30 cm 台座 根来塗

名称: 中村 康平 展「景」伊勢丹新宿店
会期:2022年11月30日(水) ~ 2022年12月13日(火)
場所:本館6階 アートギャラリー [最終日午後6時終了]
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
TEL: 03-3352-1111
URL: 伊勢丹新宿店

「筒井筒井戸茶碗」  H9.5 × W14.5 cm
「筒井筒井戸茶碗」 H9.5 × W14.5 cm

「現代の古典」をテーマに古典感覚の茶碗を制作してきた中村康平氏。
今回、中村氏はさらに「本歌取り」に挑戦することが新たな意味を持つと考え、
国宝の喜左衛門井戸茶碗や幻の茶碗である筒井筒井戸茶碗、
侘び感覚の代表茶碗とされる長次郎の樂カセ黒茶碗の「写し」、
戦国大名の兜や刀の武具を「もののあわれ」感覚で造形する置物に挑戦いたしました。
その他、軸絵の修復技術を逆転回させる技法を駆使して制作された軸絵など、約40点を展示販売いたします。
伝統的ながらも現代に息づく作品の数々をどうぞご高覧ください。

■中村 康平 (旧 香野 壮明)
1948年 中村梅山 三男として金沢市に生まれる
1973年 多摩美術大学彫刻科卒業
1989年  <八木一夫賞>‘89現代陶芸展 ―グランプリー受賞―
1999年  Contemporary Ceramic Art (メトロポリタン ミュージアム)
     日本の工芸<今>100選展(エトワール美術館・パリ、各三越百貨店)
2006年 現代作家茶碗特集(日本橋三越本店)
2007年 現代作家茶碗特集(日本橋三越本店)
2012年 工芸未来派展(金沢21世紀美術館)
2013年 現代の名碗展(菊池寛実記念智美術館)
2014年 日本橋三越本店個展 野村美術館於個展(京都)
2017年 日本橋三越本店個展
2020年 現在地展(金沢21世紀美術館)
2021年 田窪恭治・中村康平コラボ展(日本橋三越本店コンテンポラリギャラリー)
     近代工芸と茶の湯のうつわ展(国立工芸館)
<パブリック・コレクション>
東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国際交流基金、金沢21世紀美術館、メトロポリタン ミュージアム(ニューヨーク) 他

「景」 陶、木 H38 × W85 × D30 cm 台座 根来塗
「景」 陶、木 H38 × W85 × D30 cm 台座 根来塗

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る