「第77回春の院展 栃木展」さくら市ミュージアム 荒井寛方記念館

「第77回春の院展 栃木展」さくら市ミュージアム 荒井寛方記念館

名称:「第77回春の院展 栃木展」さくら市ミュージアム 荒井寛方記念館
会期:令和4年10月15日(土曜日)~11月20日(日曜日)
会場:さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-
  (栃木県さくら市氏家1297)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日、10月18日、11月4日
観覧料:一般600(500)円、高校・大学生400(300)円、小・中学生200(100)円
   ( )内は20名以上の団体料金
   さくら市民は半額、市内の小中学生は無料
   障がい者手帳をご提示の方とその介護者1名はさくら市民無料、市外300円
主催:さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-/公益財団法人日本美術院
共催:下野新聞社
住所:〒329-1311栃木県さくら市氏家1297
TEL:028-682-7123
URL:さくら市ミュージアム 荒井寛方記念館

「第77回春の院展 栃木展」さくら市ミュージアム 荒井寛方記念館
「第77回春の院展 栃木展」さくら市ミュージアム 荒井寛方記念館

現代の日本画界をリードする「日本美術院」。その設立は、明治31(1898)年と長い歴史があります。当市出身の荒井寛方(1878-1945)も院展同人としてその名を刻みました。「春の院展」がさくら市で開催されるのは今年で8度目です。伝統と革新をモットーに歴史を重ねてきた日本美術院の作家と作品は、現在も燦然と輝いています。名品ぞろいの同人作品に加え、受賞作品さらには岸野香をはじめとする、本県にゆかりの作家作品等、90点という豪華な展示となっております。今こそ美の力は私たちの未来への希望となるでしょう。話題の作品をぜひ間近でご覧ください。
ユニバーサルデザインのスロープも整え、前庭が整備された装いも新たなミュージアムで皆様のご来館をお待ちしております。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る