門田千明「Forest」ワコールスタディホール京都

門田千明「Forest」ワコールスタディホール京都

名称:門田千明「Forest」ワコールスタディホール京都
会期:2022/10/26(水) 〜 2022/12/16(金)
会場:ワコールスタディホール京都
時間:10:00~20:00
休館日:土・日曜日、祝日
料金:無料
住所:〒601-8506 京都市南区西九条北ノ内町6 ワコール新京都ビル1階
TEL:075-556-0236
URL:ワコールスタディホール京都

画家・門田千明の油彩画による個展です。門田の作品は、筆致の新鮮さと共に、絵を描くという行為と個人が持つ詩情の合致が心地よい点が特徴です。本展では、門田が“彼ら”と呼び親しむ白樺の木々の美しさを捉え、ポートレイトとして表現した作品を展示します。
年齢を重ねるたび「内と外」という意識の境界が曖昧になってきました。
私の大好きな白樺の木々に対しても同様に。
意識も感覚も自由自在にあり得るように感じる今日この頃です。(門田)

門田千明
大学卒業後、アパレル勤務、イラストレーターを経て2021年より画家として活動開始。日常で感じる季節の移ろい、生命の輝きや衰退、肖像や音楽の印象など、具象に漂う不可視な印象の表現を追求している。
展示歴
2021 「SICF22(スパイラル・インディペンデント・クリエイターズ・フェスティバル)」スパイラル(東京):ワコールスタディホール京都奨励賞
2022 個展「Seascape」Sony Park mini(東京)
   「SICF22 WINNERS EXHIBITION」スパイラル(東京)
   個展「Portrait impression」other(福岡)
   「conversation」haku(京都)
作家Webサイト:http://kadotachiaki.com

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る