「中村宏太郎 陶展」京都陶磁器会館

「中村宏太郎 陶展」京都陶磁器会館

名称:「中村宏太郎 陶展」京都陶磁器会館
会期:2022年11月4日(金)〜11月16日(水)
開館時間:10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
料金:入場無料
休館日:毎週木曜日
会場:京都陶磁器会館
住所:〒605-0864 京都市東山区東大路五条上ル遊行前町583-1 京都陶磁器会館2Fギャラリー
TEL:075-541-1102
URL:京都陶磁器会館

京都に生まれ、大学在学中に陶芸に惹かれた私はこの世界に飛び込み、 伊賀・志野を中心に、炎に向き合い作陶を続けて参りました。
信楽に穴窯を築いて10年、一つの成果として『曜変志野』と名付けた作品があります。
志野に施した鉄分が高温の炎に焼き貫かれ独自の光を放ちます。
本展では曜変志野、伊賀の茶道具をはじめビードロの食器を 展開いたします。
炎が生み出した多彩な景色をお楽しみいただけたら幸いです。
※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、実施期間や営業時間が変更になる場合がございます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る