「See Far|Voir loin 視界の先に」カナダ大使館高円宮記念ギャラリー

「See Far|Voir loin 視界の先に」カナダ大使館高円宮記念ギャラリー

名称:「See Far|Voir loin 視界の先に」カナダ大使館高円宮記念ギャラリー
会期:2022年10月7日(金)~ 12月29日(木)
平日:午前10時から午後5時半まで(最終入場 午後5時)
休館日:土曜、日曜、10月10日(月)、11月11日(金)、12月26日(月)、12月27日(火)
場所: カナダ大使館高円宮記念ギャラリー
入場: 無料
住所:〒107-8503東京都港区赤坂7-3-38
TEL:03-5412-6310
URL:カナダ大使館高円宮記念ギャラリー

在日カナダ大使館は、ジェフリー・ポワリエの展覧会「See Far|Voir loin 視界の先に」を開催します。 この展覧会のタイトルは、人と自然環境の関係のはるかな未来を暗喩するとともに、計り知れない広大なカナダの自然そのものをも表しています。
本展覧会は、アーティストが近年深く追求している二つのテーマに基づいた作品で構成されています。そのうちの一つは、ありふれた素材である粘着テープをデジタル編集し、本来の用途をはるかに超えた表象へと導いたものです。もう一つのテーマである梢の写真作品は、鑑賞者の錯覚を呼び起こすように配置され、遊び心に溢れながらも、自然を保護する必要性を私たちに訴えかけます。
ジェフリー・ポワリエは、カナダのケベック州を拠点に活動するビジュアルアーティストです。彼はより新鮮な知覚を求め、インスタレーションを通して空間を捉え直すことに挑戦するプロジェクトを数多く手掛けており、制作に用いる素材やテーマとする概念は、広くエコロジーの領域に根ざしています。
2018年、ポワリエは創作に用いる新しい素材との出会いを求めて、東京のアーティスト・イン・レジデンス・プログラムに参加しました。東京でのリサイクル可能なプラスチック素材との出会いは、彼の創作活動に大きな影響を与えました。本展で展示されている作品はすべて、リサイクル可能なビニールシートを用いて、都内でプリントされたものです。
アーティストの深い信念と最先端のアプローチが融合したこの展覧会は、カナダの現代アートと出会う絶好の機会となるでしょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る