「南画×近代(Modern-Age):大正~昭和初期を中心として」富山県水墨美術館

「南画×近代(Modern-Age):大正~昭和初期を中心として」富山県水墨美術館

名称:「南画×近代(Modern-Age):大正~昭和初期を中心として」富山県水墨美術館
期間:2022年11月18日(金曜日)~2023年1月15日(日曜日)*会期中、展示替えを行います*
   前期展示:11月18日(金曜日)~12月11日(日曜日)
   後期展示:12月13日(火曜日)~1月15日(日曜日)
休館日:月曜日(ただし1月9日は開館)、11月24日、12月29日~1月3日、1月10日
開館時間:午前9時30分から午後6時まで(入室は午後5時30分まで)
観覧料:[前売]一般:700円*11月17日(木曜日)まで販売*
    [当日]一般:900円(700円)/大学生:450円(350円)
   ()内は20人以上の団体料金です。
   この料金で常設展も観覧できます。
   小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障がい者手帳をお持ちの方は観覧無料です。
   大学生料金の対象は、大学、大学院、短期大学、高等専門学校(4学年以上)、専修学校(専門課程)、専修学校(一般課程の19歳以上)、通信制大学、放送大学となります。チケット購入時に学生証をご提示ください。
   【前売券販売所】富山県水墨美術館、富山県美術館、アーツナビ(富山県民会館、富山県教育文化会館、富山県高岡文化ホール、新川文化ホール)
主催:富山県水墨美術館、北日本新聞社、チューリップテレビ
住所:〒930-0887富山県富山市五福777
TEL:076-431-3719
URL:富山県水墨美術館

岸田劉生《四季の花果図》大正13(1924)年/東京国立近代美術館蔵/前・後期2幅ずつ展示予定
岸田劉生《四季の花果図》大正13(1924)年/東京国立近代美術館蔵/前・後期2幅ずつ展示予定

南画とは、古今東西の画派の要素を採り入れながら生まれ、江戸後期から明治初期にかけて流行した日本独自の絵画である。池大雅や与謝蕪村らの名が知られる南画は、本来、反権威的で柔軟な性格であった。しかし、形式主義にとらわれた「つくね芋山水」と批難されるなかで明治半ばには衰退したものとして、日本の近代美術史ではあまり重要視されてこなかった経緯がある。
ところが、大正期には西洋美術の新思潮「ポスト印象主義」以降の動向が日本画家たちにも影響を与え、南画に再び注目が集まる。洋画から日本画に転じた画家たちなども含め、画派を超えた自由な精神と表現性が見られる新時代の絵画は「新南画」と呼ばれた。
本展ではいくつかの観点から近代の南画を再考し、近代日本美術史のもうひとつの姿を探る。
※会期中展示替えあり

今村紫紅《水汲む女・牛飼う男》大正3(1914)年/平塚市美術館蔵/前・後期1幅ずつ展示予定
今村紫紅《水汲む女・牛飼う男》大正3(1914)年/平塚市美術館蔵/前・後期1幅ずつ展示予定
土田麦僊《伊豆之海》大正6(1917)年/大阪中之島美術館蔵/後期展示予定
土田麦僊《伊豆之海》大正6(1917)年/大阪中之島美術館蔵/後期展示予定
村上華岳《秋谿図》昭和10(1935)年/東京国立近代美術館/後期展示予定
村上華岳《秋谿図》昭和10(1935)年/東京国立近代美術館/後期展示予定
楠瓊州《高山丹楓》昭和17(1942)年/京都国立近代美術館蔵/通期展示予定
楠瓊州《高山丹楓》昭和17(1942)年/京都国立近代美術館蔵/通期展示予定
富岡鉄斎《普陀落迦山》明治20(1887)年/富山県水墨美術館蔵/通期展示予定
富岡鉄斎《普陀落迦山》明治20(1887)年/富山県水墨美術館蔵/通期展示予定

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る