「東村アキコ 「NFT『NEO美人画 2022』展」」スパイラル

文化交流展示「東村アキコ 「NFT『NEO美人画 2022』展」」スパイラル

名称:文化交流展示「東村アキコ 「NFT『NEO美人画 2022』展」」スパイラル
期間:2022年11月22日(火)~2022年11月27日(日)
開館時間:11:00 〜 20:00
入場料:無料
会場:スパイラルガーデン
主催:neostory
協賛:株式会社MediBang、GMOアダム株式会社
住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1F
TEL:03-3498-1171
URL:スパイラル

「NEO美人画 2022」は、『東京タラレバ娘』、『海月姫』など数々のヒット漫画作品を生み出してきた漫画家・東村アキコ氏が、初めて現代アートとして発表する20点の作品群です。
金沢美術工芸大学美術科油画専攻を卒業した東村氏は長年、ファインアートへの想いを心に秘めていました。コロナ禍をきっかけに、現代の「日本の美」を着物であらわす作品シリーズの制作活動をスタート。1点ずつ、長い時間をかけて制作され、着物の柄から広がる物語世界を紹介する文章も、東村氏本人が執筆しています。
ファインアートへの本格進出の舞台は、NFTプラットフォーム。今回は、5年間毎年20点のNFT作品を制作する5ヶ年計画の記念すべき初回です。本作品群はNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」で販売されますが、展示会場ではリアルな世界でもNFT作品を鑑賞できるようにします。「デジタル(NFT)」と「リアル(個展)」の融合を図り、さらにはまだNFTに馴染みのない方にも現代アートとしての東村アキコ氏の作品を楽しんでいただく。そんなハイブリットな試みを是非お楽しみいただきたいと思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る