「みる誕生 鴻池朋子展」静岡県立美術館

「みる誕生 鴻池朋子展」静岡県立美術館

名称:「みる誕生 鴻池朋子展」静岡県立美術館
会期:2022年11月3日(木・祝)~2023年1月9日(月・祝)
開館時間:10:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌日休館。ただし、1月2日(月)と1月9日(月・祝)は開館)
年末年始休館 2022年12月27日(火)〜2023年1月1日(日)
観覧料:
   前売券 一般:1,000円/70歳以上:500円/大学生以下:無料
   当日券 一般:1,200円/70歳以上:600円/大学生以下:無料
   団体券 一般:1,000円/70歳以上:500円/大学生以下:無料
   ※収蔵品展、ロダン館も併せてご覧いただけます。
   ※団体のお申込/20名以上の団体のお申込は、美術館総務課へお問合わせください。
住所:〒422-8002静岡県静岡市駿河区谷田53-2
TEL:054-263-5755
URL:静岡県立美術館

「みる誕生 鴻池朋子展」静岡県立美術館
「みる誕生 鴻池朋子展」静岡県立美術館

「『観客はもはや人間だけではない。』人間の視点中心だったこれまでの芸術は、今、地球規模での問題と共に大きな転換期を迎えている」。そう考える現代アーティスト鴻池朋子(1960年生)が、本展では2020年の個展「ちゅうがえり」(ア一ティゾン美術館)で試みた、従来の美術館の仕組みから観客を解放するさまざまな取り組みを、さらに発展させようとします。夏に展示が立ち上がる高松市美術館からバトンを引き継ぎ、アーティストという生き物も、コレクションという物も、風土や風景と共にリレ一し変化していきます。ぜひ新たな美術館を体感してください。
(公式HPより)

《どうぶつのことば/アライグマ》2021年 粘土、粟、桑 ©Tomoko Konoike
《どうぶつのことば/アライグマ》2021年 粘土、粟、桑 ©Tomoko Konoike
円形襖と滑り台 個展『ちゅうがえり』 ア一ティゾン美術館展示風景 2020
円形襖と滑り台 個展『ちゅうがえり』 ア一ティゾン美術館展示風景 2020
「みる誕生 鴻池朋子展」静岡県立美術館
「みる誕生 鴻池朋子展」静岡県立美術館
高松市美術館での展示風景2022年
高松市美術館での展示風景2022年
《アースベイビー》2009年
《アースベイビー》2009年
(ケース内)《襖絵(地球断面図、流れ、竜巻、石》の石(部分)2020年 石橋財団アーティゾン美術館蔵
(ケース内)《襖絵(地球断面図、流れ、竜巻、石》の石(部分)2020年 石橋財団アーティゾン美術館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る